Amazon 「ASINコード」を使った簡単な検索方法

 

 

こんにちは、マサ(@masayuki007)です。

今回は「Amazon ASINコードを使った簡単な検索方法について、お話していきます。

ASINコードなんて言葉、Amazonでただ買い物をするだけなら、知らなくても全然問題ありません!というか、知ってる方がすごいです!笑

ただ、あなたが輸入ビジネスを実践してAmazonで販売するのであれば、商品リサーチをする時にとても便利なコードになりますので、少しここで勉強しておいてください!

 

「ASINコード」って何?

 

「ASINコード」はAmazon Standard Identification Numberの略で、

Amazonが扱っている、書籍以外の商品を識別する10桁のコードの事を言います。

読み方は、「エーシン」や「エーエスアイエヌ」・「アシン」など、読み方に決まりはなさそうです。

ちなみに、カスタマーのお姉さんは「エーシン」と言ってました!

と、ここまで知ってる風に偉そうな感じで書いてきましたが、僕もこの記事を書くまで、正式名称なんて知りませんでした!ww

むしろ、こんなの覚える必要なんてありません!

ただ、この「ASINコード」は、Amazonが独自で商品を管理するための番号なので、日本でも海外でも同じ商品なら、同じASINコードが付けられていることが多いです。

商品リサーチする時も、この「ASINコード」を使えば、海外のAmazonから商品を仕入れるのにとても役立ちますし、日本のAmazonで同じ商品があるか調べるのにとても便利です!

なので、

ASINコード = Amazon独自の商品コード

と、単純に覚えててください。

 

「ASINコード」で商品リサーチをしよう!

 

中国輸入品に限らず商品を見つけた後、次にするのが、その商品の販売実績を見ていくんですが、ここでは、「ASINコード」を使ってお望みの商品データを見ていきましょう!

例えば…

こんな商品をリサーチしたとします。

少し下にスクロールすると…

右下の登録情報に「ASIN B01DF1BWCK」と表示されているので、B00〜をコピーします。

次に、別のタグで「モノレート」を開きます。

そして、検索窓にコピーした「ASINコード」を貼り付けて検索してください!

すると、一発でリサーチした商品の、最低価格・出品者数・ランキングなどが表示されます。

モノレートの使い方に関しては「無料リサーチツール「モノレート」を活用しよう」の方で、詳しく解説していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

 

無料リサーチツール「モノレート」を活用しよう

2016.09.11

 

このように、もし「ASINコード」がなければ、商品名をコピーしたり、打ち込んだり、商品のデータを見るまでに時間が掛かってしまいます

でも、「ASINコード」があるだけで、気になる商品の情報をすぐに取れるので、とくに副業で輸入ビジネスを実践している方は、ぜひ使い方をマスターして、ひとつでも多くの商品を見ていくようにしてみてくださいね!

無料プレゼント

・日曜日の夕方になると吐き気がするくらい憂鬱になる…

・上司の顔色を伺いながら仕事しないといけない…

・休みの日まで会社の携帯を持たされる…

そんな会社に振り回される毎日から、1日でも早く抜け出したいと思いませんか?

僕はそんな毎日が嫌で会社から帰ってからの2時間を使って『物販ビジネス × 情報発信ビジネス』を学び、自由な働き方を実現させました!

「もしかしたらこんな自分でも…」と、少しでも心が揺らいでくれたなら、

初心者がゼロから始めて安定して30万以上稼ぐ方法をまとめた無料レポート

【期間限定】でお渡していますので、軽い気持ちで受け取ってみてください。

 

 

     ⬇︎⬇︎メルマガでは最新情報をお届けしています⬇︎⬇︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です