アリババページの見かたを解説

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、アリババページの見かたを解説

 

について、お話していきます。

 

 

前回は、タオバオページや店舗・評価ランクについて解説してきました。

 

アリババも、タオバオと基本的には構成やデザインは似ているので、ここでしっかり理解して

中国輸入ビジネスで利益を拡大させていきましょう^^

 

アリババに慣れよう

 

まずは、「アリババ」のトップページを開いてみましょう!

 

20160820-190532

 

赤枠で囲っているのは、「キーワード検索窓」と「カテゴリー一覧」です。

 

タオバオと同じでトップページでは、このふたつしか使わないので他は覚えなくてOKです!

 

基本的には、検索窓にキーワードを中国語で入力して検索をかけるのがスタンダードな方法です。

 

商品を検索すると、キーワードにヒットした商品が人気順に表示されます!

 

 

例えば、「ONE PIECE」で検索をかけてみると…

 

20160822-220659

 

人気順にズラッと商品が出てきます!

 

20160822-220805

 

何か「フェアリーテイル」のグ◯イが混ざっていますが、そこは中国サイトという事で軽く流してくださいね^^;

 

ここで、注目して欲しいのが商品単価の隣にある「成交」の数字!

 

今は亡きエースを拡大して見てみると、

20160822-223653

 

「成交」の数字は1364となっています。

 

これは、商品の直近1ヶ月の取引量になるので、

一覧の中から商品を選ぶ時は「成交」の実績が高い商品を選ぶ方が安心な選択と言えると思います!

 

商品一覧の「」って何?

 

アリババの商品ページ一覧では、「」のマークがあり、これは誠信通というアリババが信用会社を使って営業の許可を出している有料会員を示すマークになります。

 

横の数字は、会員になってからの年数です。

 

20160822-223654

 

正直、僕がおすすめする中国輸入ビジネスでは、アリババから仕入れる場合も代行業者を挟むので、そこまで詳しく見る必要はありませんが、リサーチをする場合その販売者が信用出来るかのひとつの目安にはなりますので、覚えておいて損はないと思います。

 

アリババはB to Bは、(Business to Business)の略で、『Bが企業、もちろんBも企業』を対象に行うビジネスというのは、以前お話しました。

 

アリババって何?

 

ただ、ロットの上限を越えれば購入する事は出来ますし、仕入先として主力サイトになる事は間違いありません

 

でも、仕入先の事を気にし過ぎて、商品をリサーチする手が止まってしまっては、意味がありませんので、まずは商品リサーチを一番に考え、同じ商品・金額で発注先に悩んだ時に、今回お伝えしたような店舗情報を参考にしてもらえればと思います!

 

次回は、「アリババ店舗ページの見かたと評価ランク」についてお話していきますので、

楽しみにしてくださいね^^

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です