中国輸入代行業者『BANRI』登録編

 

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、中国輸入代行業者『BANRI』登録編

 

について、お話していきます。

 

 

このブログでおすすめしている中国輸入ビジネスでは、

中国からの買い付け・販売・発送に至るまで出来るだけ外注していき、

半自動化の仕組みを作る事で、副業でも取り組みやすいようになっています。

 

そしてその中でも特に大切なのが「中国輸入代行業者」選びです。

 

ここでは、数ある中国輸入代行業者の中でも、

僕も実際に使っている『BANRI』という代行業者についてご紹介していきたいと思います。

 

20161123-171841

 

BANRIでは、FBA納品代行 (Amazon倉庫への直接納品代行)をしてくれます。

 

直接納品することで、梱包や発送など時間のかかってしまう作業を省く事が出来るので、

代行業者選びのポイントのひとつにしてみてください。

 

中国輸入代行業者『BANRI』

 

まず『BANRI』の、トップページを見て行きましょう!

 

20161123-142055

 

カレンダーの下に記載されてるのは、手数料を含んだ為替レートです。

 

代行業者を選ぶポイントのひとつに、

為替レートを比較する事は重要な要素になりますので、しっかりチェックしましょう!

 

次に、会員登録の設定に移っていきます。

 

会員登録

 

トップページ右上の「無料会員登録」をクリックしましょう。

 

20161123-1420551

 

次に、会員登録ページで「お客様情報」をすべて入力し、利用規約の同意にチェックを入れ、

入力項目に間違いがなければ「加入する」をクリックしてください。

 

20161123-155503

 

これで、『BANRI』の会員登録は完了となります。

 

登録したEmailアドレスとパスワードは、

今後ログイン時に必要になりますので、必ず控えるようにしておいてください。

 

買い付けの流れ

 

次に、商品買い付けの流れを見ていく事にしましょう!

 

20161123-160837

 

 

BANRIでは「じっくりコース」と「超速コース」の2つのコースに分かれます。

 

それぞれ、2つのコースの特徴を見ていきましょう。

 

「じっくりコース」買い付けの流れ

 

商品買い付けの基本となるコース。

【じっくりコースでの買い付け】

① BANRIの担当者が自分が指定した店舗に在庫等を確認する

② 確認後、商品代金の請求書が送付される

③ 請求額の振込確認 (PayPal決済でもOK)

④ 買い付けが開始される

 

「超速コース」買い付けの流れ

 

・納品を最速でしたい

・1日でも早く商品を手に入れたい

・在庫切れリスクを最小限に抑えたい

 

など特段の場合、仕入れ金額分を事前にチャージしておく事で利用できるコース。

 

【超速コースでの買い付け】

① BANRIの担当者が自分が指定した店舗に在庫等を確認する

② 購入希望商品の在庫があれば、全て買い付ける

※商品代金が調べていた代金よりも高額の場合、確認してからの買い付けになる。

 

③ 買い付け完了後、商品代金の報告をしてもらう

④ 問題なければチャージ代金から引かれる

※超速買い付けを希望した場合、発注書送付後の商品購入キャンセルができない。

【超速買い付け利用時の注意点】

超速買い付けを希望する場合、

買い付け依頼を送付前に仕入れ代金の事前チャージ(入金)をする。

 

事前チャージ代金の入金確認が取れ無い場合、

超速買い付けを利用する事ができない。

 

超速買い付けは事前チャージ金額が不足しない限り、継続して利用できる。

 

買い付け代金の事前チャージが無い場合、

自動的にじっくりコースでの買い付けになります。

 

僕の経験上、基本は「じっくりコース」を利用して、

必要な場合のみ「超速コース」の利用を考えるのがいいかなと思います。

 

会員コースと月額料金

 

次に、BANRIで利用できる会員コースと月額料金について見ていきましょう。

 

20161123-165531

 

BANRIの会員コースは、

非会員」、「ライトプラン」、「ミドルプラン」の計3種類になります。

 

中国輸入ビジネスを本格的に取り組むのであれば、

断然「ミドルプラン」をおすすめしますが、いきなり「ミドルプラン」にするのではなく、

最初のテスト仕入れの内は「非会員」で試してみて、利用しやすければプラン変更してみる流れの方がいいかなと思います。

 

「ミドルプラン」では、中国国内送料の価格交渉も行ってくれるので、

毎月20万円以上の仕入れをするなら「ミドルプラン」を利用した方が、

トータルでのコストを抑えることができます。

 

ただ、あくまでもBANRIサイドが言っている事なので、

月額で料金が発生してくるので、しっかり利益計算した上でプランを選ぶことをおすすめします。

 

決済方法

 

BANRIでは、各種利用した決済方法に

銀行振込」と「PayPalクレジットカード払い」の2種類から選ぶ事ができます。

 

20161123-172623

 

PayPalで決済する場合、手数料3.6%かかってしまいます。

 

ただPayPalを間に挟む事で、安心して代行業者と取引ができますので、

僕は「PayPalでのクレジットカード払い」をおすすめします。

 

PayPalって何?という方は、こちらを参考にしてみてください^^

 

⇒ オンライン決済サービス「PayPal」とは?

⇒ PayPalアカウント登録方法

 

以上が、代行業者『BANRI』の会員登録から各種利用の流れになります。

 

また、こちらの記事で商品の買い付け依頼や見積もりについて詳しく解説していますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒ 中国輸入代行業者『BANRI』買い付け編

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です