中国輸入ビジネスは少ない資金で始められる?

 

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、中国輸入ビジネスは少ない資金で始められる?

 

について、お話していきます。

 

中国輸入ビジネスが少額で始められるか?

 

答えは、YESです!

 

だと、終わってしまうので…^^;

 

少し具体例を交えながら、ご説明していきたいと思います!

 

欲しい副収入と仕入れ資金のバランス

 

先ほど、少額でも中国輸入ビジネスを始めれるか?というお話をしましたが、

それはあくまで第一歩を踏み出せるのか?という話で、月に数十万を稼ぎたい!

となれば、それは別の話になります。

 

ただ、月に5〜10万円の副収入が欲しいのであれば、毎日コツコツと実践していけば中国輸入ビジネスは、

まさに打ってつけのビジネスと言えます!

 

ひとつは、仕入れに投資できる資金や中国輸入ビジネスに充てられる時間によって、

収入をコントロールできるからです!

 

例えば、月に3万円利益を取りたい!でも、仕入れに5万円しか用意できなかった。

 

僕がここでお伝えする中国輸入ビジネスの利益率は約30%以上ですので、

 

※今回の計算では四捨五入します。

1ヶ月目 5万→6.5万(利益1.5万円)

2ヶ月目 6.5万→8.4万(利益1.9万円)

3ヶ月目 8.4万→10.9万(利益2.5万円)

4ヶ月目 10.9万→14.2万(利益3.3万円)

 

例なので本当に単純に計算していますが…5万円から始めても、4ヶ月目には月3万円の利益が取れるようになっています!

 

後は、仕入れ資金を自分の稼ぎたい額に調整していけばいいだけですね^^

 

ただ、資金に余裕があるからと言って、商品の目利きが身に付いていない初期段階で大量に仕入れてしまうのは危険なので、徐々に経験を積みながら増やしていけば失敗のリスクも減らせ、結果的に成功への近道になりますよ!

 

また、中国から商品を仕入れる場合、欧米諸国よりも仕入れ単価が安く、またアジア圏内なので、国際送料も安く抑えられます。

 

これは中国輸入ビジネスの特徴でもあるんですが、ビジネスを始める上でとても重要な要素のひとつでもあるので、覚えておいてください!

 

リアルビジネスと中国輸入ビジネス

 

突然ですが、ネットビジネスではなく、リアルビジネス…例えば、カフェをやりたい!と思った時にいくらの費用があれば開業できるでしょうか?

 

もちろん、出す店や場所・規模によって全然変わってきますが、カフェ経営をしている友人に聞くと約1,000万円は平均してかかってくるそうです!^^;

 

だいたいの内訳は、

 

物件の保証金(300万円~500万円)

内装や水道工事・電気工事(200万~300万)

什器や食器代・キッチンの機材(100万円)

半年分の営業資金(300万円)

 

規模や内装のこだわり、従業員を何人雇うかなどによりますが、一坪当たり100万円弱くらいが目安と言うことらしいので、十坪の店舗だと約1,000万円は見積もっておく方が良いみたいです。

 

多くのビジネスは、開業するためにある程度まとまった資金を貯めてから、チャレンジしなければなりません。

 

しかも、お金を掛けたからと言って、成功する保証ももちろんありません

 

その点、中国輸入ビジネスは少額の資金から始められるので、仮に赤字が出ても大怪我しにくい

ですし、すぐに再チャレンジが出来ます

 

経験して、再チャレンジするハードルが低ければ低いほどビジネスはうまくいきます

 

僕も中国輸入ビジネスを始めた初期は、仕入れた商品が日本に届くまでに値崩れして、赤字になった事がめちゃくちゃありました^^;

 

ただ、商品自体の単価が安い分、赤字額も抑える事ができ、その失敗点を次の仕入れに活かせた事で、今ではしっかりと利益が取れ安定しています

 

何度も言うようですが、中国輸入ビジネスは時間や資金面どちらから見ても、ハードルが低く始めやすいビジネスモデルです。

 

もしあなたが、何かのジャンルでお店を持ちたい!などの将来的な夢があるのであれば、

中国輸入ビジネスを実践して、お金の流れを勉強しつつ資金を作った後に挑戦してみるのもいいかなと思いますよ^^

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です