これで不安も解消!中国輸入で商品を仕入れる2つの方法とは?

中国輸入

こんにちは、マサ(@masayuki007)です。

この記事を読んでくれているあなたは、まだ中国輸入を始めたばかりで、これから商品仕入れをする段階なのかなと思います。

でも、いざ仕入れよう!と思っても、

  • 「どこから仕入れたらいいの?」
  • 「どのくらい仕入れたらいいの?」
  • 「どうやって仕入れたらいいの?」

と、わからない事って多くないですか?

僕は最初そうでした! Amazonで「売れてる商品ないかな?」って頑張ってリサーチして「モノレート」のランキングが、めちゃくちゃ波打って変動している商品を見つけた!やったぁ!

でも、ここまでって意外とみんな出来てるんですよね。

問題はその後の「商品仕入れ」なんです!どうしても、損をしたくないとブレーキをかけてしまう。

せっかく頑張って売れている商品を探しても、仕入れをしなければその努力も水の泡になってしまいます。

だからこそ、ここでは「仕入れ」に対する不安を少しでも解消できたらなと思うので、一緒に確認していきましょう!

中国輸入ビジネスの仕入れ方法は?

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”] せんぱぁ〜い!
Amazonで売れてる商品見つけたんですけど![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”] どこから仕入れたらいいんすかぁ?
ぶっちゃけ、中国からって大丈夫なんすかぁ?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]こいつ…。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]今から中国輸入の「仕入れ方法」について話するから![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]ちゃんと教えてくださいよ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]わかってるわ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa02.png” name=”マサ”] それでは皆さん、気を取り直して続けていきますね![/speech_bubble]

 

中国輸入の仕入れ方法は、

  1. 現地で直接仕入れてくる
  2. ECサイトで購入する

大きく分けて、この2種類に分類されます。具体的に見ていきますね。

中国に行って現地で直接仕入れてくる

現地仕入れは、中国の卸市場などに行って、直接自分で交渉して商品を仕入れます。

卸市場はいっぱいありますが、

  • 義烏(イーウー)
  • 広州
  • 深セン

この3つが特に有名で規模も桁違いです。

義烏(イーウー)の特徴

・常設しているブースが約6万軒ある世界最大の日用雑貨卸し売り市場
・170万種類以上の商品が扱われている
・東京ドーム30個分の広さ
・日本の100円ショップはここの市場を必ず通過している

こちらのサイトでより詳しく説明してくれています。→  義烏マーケットとは?

広州(コウシュウ)の特徴

・バッグ・アパレル・アクセサリー・雑貨・iphoneケース・シューズなどが多い
・レディースアパレルは義烏 (イーウー) よりも大きく世界最大級の規模
・タオバオ、アリババのセラーも広州から仕入れている

こちらのサイトでより詳しく説明してくれています。→ 広州卸市場とは?

深セン(シンセン)の特徴

・深センにある「華強北」は世界最大の電気街として有名
・格安のドローン本体や部品が多数売られている
・アップル社の拠点がある

こちらのサイトでより詳しく説明してくれています。→ 深セン卸市場とは?

直接仕入れのメリット

直接価格の交渉ができる

インターネットから購入する場合、代行業者が僕たちの代わりに交渉してくれますが、現地に行く事により直接価格交渉ができます。

やっぱり他人に任せるよりも、自分で交渉する方が安心ですもんね。

セラーと良い関係が築ける

直接仕入れる事で、現地のセラーと信頼関係が生まれます。1度でも顔を付き合わせるだけでも、全然違いますよね。

仕入れた商品をリピートする場合も、価格交渉がやり易くなります。

直接仕入れのデメリット

現地に行かないと行けない

これは当たり前の話ですが、飛行機代・宿泊代などの諸経費がかかってきます。

まぁ、これをデメリットと取るかは別として、せっかく行くからには何か持って帰りたいですよね。

交渉が難しい

交渉は基本的に英語で行うので、英語がまったくわからないとデメリットになります。

ただ、「アイ アム ジャパニ〜ズ」ぐらいの中学英語でも交渉できるし「ロット数・配送方法」など、話す内容は限られているので、事前に準備をしておけば対策は打てますよね。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]なるほど![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]中国楽しそうっすね!
おれ、休みいっぱいあるから行ってこよかなぁ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]その前にもっとやる事あるやろ…。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]でも初心者のうちは、オススメはできひんかな![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]行って何買えばいいか、わからへんやろ?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]だから最初は、インターネットで仕入れた方がええよ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]ちっ…。[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]しょうがないから、今回は先輩の顔立ててネットから仕入れますわ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]だから、早くネットで仕入れる方法教えてください![/speech_bubble] [speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]殺す!!!!![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]わかった!じゃ、次はインターネットからの仕入れを見てくから、ちゃんと聞いとけよ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]ほ〜い![/speech_bubble]

 

インターネットで中国のECサイトから仕入れる

ここからは、インターネットを使った仕入れ方法を見ていきます。

日本で売れている商品を見つけた後は、それと同じ商品を中国のECサイトで探していきます。

代表的なサイトを4つご紹介しますね。

タオバオ(淘宝網)

このタオバオは、中国のネット通販で最大のシェアを誇るサイトです。

扱う商品数は、10億点以上で楽天の10倍以上もあると言われてます。

タオバオの最大の魅力は、やっぱり商品の安さ。

中国輸入をするならこのタオバオは絶対に抑えておくべきなので、くまなくチェックしましょうね。

タオバオの商品を日本語で調べるならチャイナマートというサイトもあります。

チャイナマートを利用した商品のリサーチ方法はこちらを参考にしてみてください。

参照 ⇨ タオバオを利用した商品リサーチ方法

アリババ(阿里巴巴・1688)

このアリババは、タオバオの親会社になります。TOPページもオレンジ色で似てますよね!

アリババの特徴は、タオバオや天猫に比べて安い商品が多いこと。

日本に比べるとタオバオも相当安いんだけど、アリババはそれ以上。

理由は、アリババがロット買いを前提に商品を販売しているからなんですね。

アリババも中国輸入で重宝するサイトなので、チェックしておいてください。

参照 ⇨ アリババを利用した商品リサーチ方法

T-mall(天猫)

このT-mall(天猫)も、アリババグループの傘下のサイトです。

タオバオと密接な関係があって、

タオバオ ⇨ B to C (Business to Consumer) 個人相手のビジネス

T-mall   ⇨ B to B (Business to Business)   法人相手のビジネス

という違いがあります。

タオバオは、商品点数が多いし誰でも手軽に出品できるのが特徴ですが、どうしても悪質な出品者や「これって大丈夫?」という商品も売られてたりします。

それを解消するために、信頼が1番の法人だけに出品を限定することで「少し値段は高くなるけど品質は保証するよ!」というのが、このT-mall(天猫)というサイトになります。

 

AliExpress(アリエクスプレス)

これもアリババ傘下のサイトです。

AliExpress (アリエクスプレス) は海外向けサイトなので、英語表記になってます。

日本からの利用者も多いので、日本語のサイトもあるんですよ。

僕たちでも直接買えるので、英語が得意なら利用する価値はありますね。

参照 ⇨ AliExpress (アリエクスプレス) サイトの使い方

 

ネット仕入れのメリットについては、中国輸入ビジネスとは?まずはこの7つだけ理解しよう!で詳しく書いてますので、そちらを参考にしてみてください。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”] けっこう色んなサイトがあるんですね!
てか、これ全部アリババグループっすか?どんだけ儲けてんねん![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]中国だけなら、アリババのひとり勝ち!シェア80%ぐらいあんねんで!すごいやろ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]まぁ、別に先輩がすごいわけじゃないですけど、アリババがすごいのは認めますよ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]ほんまにお前は、一言多いな…。でも、日本ではあんまり知られてないけど、中国だけならあのアマゾンも完敗やから、ほんまにすごいよな![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]でも、やっぱり中国からって良い印象ないですよね…偽物つかまされるとか、商品届かないとか。そこら辺は大丈夫なんすか?[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]その心配は最初絶対にあるよな!じゃあ最後に、そこを説明して今回は終わりにするな![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]よっしゃ!マサさんの長い話もこれでやっと終わるし、真剣に聞いたろか![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]…。[/speech_bubble]

偽物をつかまされる心配は?

どうしても中国のイメージってマイナスのイメージが先行しちゃいますよね。

まぁ、イメージというか偽物やコピー品が売られてるのが普通なんですが…。

輸入品には禁止・規制品っていう物があって、これを理解し注意した上で中国から輸入しないと、大変なことになります。

特にブランド物やキャラクター品には要注意です!

こんなのや、

こんなの。笑

このクオリティだと、もう別キャラですよね。

でも安心してください!

僕たちだと偽物を掴んじゃう可能性があるので、信用できる「代行業者」に代わりに中国からの仕入れをやってもらうんです。

代行業者を利用するメリットはこちらにまとめてるので、参考にしてみてくださいね。

商品が届かないとかはないの?

基本的に代行業者にお願いするので、問題ないと信じたいですが…。

そういったトラブルを少しでも避けるためにも「PayPal」のような電子決済サービスを利用します。

電子決済サービスが僕たちと代行業者の間に入ってくれることで、お金のトラブルとかも解決してくれます。

「PayPal」についてはこちらにまとめてるので、参考にしてみてくださいね。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]なるほど!代行業者と電子決済サービスを使えばいいって事なんすね![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]そういう事!特に代行業者はネット仕入れには必要不可欠な存在やから、ちゃんと勉強してた方がええよ![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]わかりました!中国から仕入れるのってかなり不安でしたけど、これで少しは安心してやってけそうです![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]それなら良かった!まだまだ伝えたい事はたくさんあるから、また何でも質問しておいで![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”mimura01.png” name=”若手芸人ミムラくん”]やっぱマサさん頼りになるわ!あっ、何か勉強したら腹減ってきたわ…マサさんラーメンおごってください![/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa01.png” name=”マサ”]何でやねん!笑[/speech_bubble]

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

はじめて商品仕入れをする時の不安は、誰もが通る道です。

だからこそ、今回お伝えしたような事を肉付けして行って、一通りの流れを早く経験してしまいましょう。

他にも数量・重さ・種類など、お伝えしたいことがいっぱいあるので、ぜひ違う記事も読んで参考にしてもらえるとうれしいです。

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまでご連絡ください!

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”masa02.png” name=”マサ”]最後まで読んでくれてありがとう!また次の記事でお会いしましょうね!![/speech_bubble]