中国輸入ビジネスの商品仕入れ基準

 

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、中国輸入ビジネスの商品仕入れ基準

 

について、お話していきます。

 

 

中国輸入ビジネスで利益を取っていくために、

商品リサーチの重要性はこれまでにお伝えしてきましたが、

今回は具体的な商品の仕入れ基準を解説していこうと思います。

 

最初にお伝えすると…

・ノーブランド品

・利益率30%以上

・ライバルセラー5名以下

・販売価格2,500円以上

・商品レビュー★3.5以上

以上を、基準にしています。

 

では早速、順番に見て行きましょう!

 

 

ノーブランド品

 

中国輸入ビジネスが、欧米輸入ビジネスと1番異なる点のひとつが、

ノーブランド品」を扱う事にあります。

 

まず最初のリサーチ方法でも、Amazonの検索窓に「ノーブランド」と打ち込んで検索すると

ほとんどの商品が中国からの輸入商品だとわかると思います。

 

もしも商品リサーチをしていてブランド品が出てきた場合、

ほぼ100%中国輸入商品ではないと考えていいでしょう。

 

ノーブランド」と検索して出てきた商品を販売しているセラーの中には、

ブランド品も扱っている方がいます。

 

商品ストックをする際に、

中国輸入商品と比べてもブランド品は金額が高いものが多いので、

どうしても目に留まりますし、ストックしたい気持ちもわかります。

 

ただ、中国輸入ビジネスではブランド品は扱わない!と決めてしまった方が、

利益の取れる商品が見つかりやすいでしょう。

 

利益率30%以上

 

どのビジネスでもそうですが、いくら数が売れても、

いくら高い金額で売れても利益率が0%だと商品を販売する意味は全くありませんよね。

 

経験値だけは身に付きますが…(^-^;

 

そこで、ここでお伝えしている中国輸入ビジネスの基準としては、

利益率30%以上あれば仕入れ対象にすると判断しています。

 

利益率の基準を低く設定してしまうと、

薄利多売で利益を取っていかないといけませんので、

副業で時間がない中で取り組む場合は、利益率30%以上は欲しいです。

 

また、急なライバル増加で値段が下がってしまう場合もある為、

利益率は少し高めに設定しておきましょう。

 

ライバルセラー5名以下

 

今までの経験上、ライバルセラーは5名以下が理想的です。

 

ライバルセラーが10名以上になってくると、

ほとんどの場合「カートボックス」を獲得する事が出来ません。

 

相乗り出品では、いかに「カートボックス」を獲得するかによって、

売り上げが大きく変わってきます。

 

商品がたくさん売れてるからと言って、

ライバルセラーが多い商品を無理に仕入れてしまうと、

在庫を抱えてしまう恐れがあります。

 

相乗り出品の商品はライバルセラーの増減が激しいので、

定期的にチェックするようにしましょう。

 

販売価格2,500円以上

 

中国輸入商品をリサーチしていると、

Amazonでの販売価格が2,000円〜4,000円ぐらいで販売されているものが多いです。

 

リサーチを始めた当初、2,000円以上の商品を仕入れ対象にしていたのですが、

Amazonの販売手数料やFBAの費用などを差し引いていくと、

利益が残りにくい事が多いため、少し基準を高めに2,500円以上に設定しています。

 

商品レビュー★3.5以上

 

相乗り出品で商品を仕入れる場合、商品レビューは必ず確認しておく事をおすすめします。

 

また、商品レビュー★3.5以下の商品に関しては、仕入れ対象から外しても良いと思います。

 

Amazonで商品レビュー★3.5以下という事は、

購入者がその商品に対して何らかの不満があり、商品自体に問題のあるケースが多いからです。

 

ちなみに僕も、商品レビューを確認せずに商品を仕入れた事が中国輸入ビジネスを始めた当初にありました。

 

金額と利益率・セラー数では合格点で商品もすぐに売れたのですが、

2名のお客様から同じ内容のクレームメールが届いたのです。

 

内容はどちらも商品不良に関する事でした…

 

返金対応させて頂き、Amazonが処理してくれたのですが、

当然返品された商品は販売する事は出来ず、すべて赤字になってしまいました。

 

その後、その商品の商品ページを確認すると、商品レビュー★1.5だという事が判明…^^;

 

それ以降は商品レビューを確認した上で、最終的な仕入れ判断をするようにしています。

 

 

以上が、僕の経験を踏まえた上での「商品仕入れ基準になります。

 

あくまでこれは僕の判断基準であり、あなたが中国輸入ビジネスを実践する中で、

色々と変わってくると思いますが、まず最初はこの5点を基準にして商品仕入れをしてもらえたらなと思います^^

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です