輸入ビジネスで大切な関税と消費税について

 

どうも、マサです!

今回は「輸入ビジネスで大切な関税と消費税について」解説していこうと思います。

 

中国輸入・欧米輸入に限らず、輸入ビジネスを実践していく中で、

関税・消費税は避けては通れない税金になります。

 

これから輸入ビジネスで利益を確保していく為に、

ここでしっかりと理解を深めていって貰えたらなと思います。

 

それでは、さっそく内容に入っていきますね!

 

関税とは?

 

関税とは簡単にいえば、他の国から輸入された商品にかかる税金(手数料)の事を言います。

 

関税の目的と言えば、

・財政収入の確保

・国内産業・市場を守る

大きくこのふたつに分類されます。

 

現在、日本に流通している食品の約6割は海外からの輸入に頼っています。

日本が島国で、食料自給率が低いというのも問題ですが、

海外には安くて、品質の良い物がたくさんある』というのが理由として挙げられます。

 

確かに国産品は、美味しいし魅力的ですが値段が高い!

 

一方、国内で流通している輸入品は、すでに関税がかかっているにも関わらず、

国産品よりも安い値段で僕たちの食卓に並びます。

 

もしも、関税がかからなくなったとしたら

当然、今以上に国産品が売れなくなり、安い海外製品ばかりが売れてしまいます。

そうなると国産品を生産している企業・個人に大きなダメージが及ぶことになりますね。

 

だから関税には、

日本国内の産業・市場を守る為にも必要な税金になるんですね。

 

また海外から商品を輸入する際には、

個人・法人に関わらず「関税+消費税+通関手数料」を支払う必要があります。

個人輸入と商業輸入の関税の違いについて

 

マサ
関税の計算方法は慣れてくるとパターン化されてくるので、最初は大変ですが基本的な仕組みをここで理解していきましょう!

 

輸入ビジネスで海外から商品を輸入する場合、

大きく分けると「個人輸入」と「商業輸入」の2種類に分けられます。

 

それぞれ計算方法が違うので、比較しながら見ていきたいと思います。

 

個人輸入

「個人輸入」とは、個人が利用する目的で海外から商品を輸入することをいいます。

《個人輸入の関税計算方法》

課税対象額(商品代金+送料)× 60% × 関税率 = 課税額 

※税金の課税対象額が10,000円以下の場合、関税と消費税は免除される。

「商品金額×60%」が課税対象なので、

商品代金(送料含む)16,666円以下なら税金は非課税になります。

 

商業輸入

「商業輸入」とは、購入した商品を販売する目的で輸入した場合のことをいいます。

《個人輸入の関税計算方法》

課税対象額(商品代金+送料)× 関税率 = 課税額 

※商業輸入の場合は、課税対象額の全額に対して関税がかかってきます。

 

関税率

関税の税率は商品によって違ってきますが、主に「簡易税率」と「一般税率」に分けられます。

基本的に「一般税率」が適用されますが、

課税対象額の合計が20万円以下の個人的な買い物の場合は「簡易税率」が適用されます。

簡易税率(税関HP)

一般税率(税関HP)

消費税とは?

 

これは僕たちにも馴染みが深いですよね。

国内で買い物した時に、商品にかかってくるあの商品税と同じになります。

個人輸入の場合、非課税になるケースがあるのでわかりにくい点もあるかもしれませんが、
基本的には関税の計算方法と変わりないので、一緒に覚えていきましょう!

《個人輸入の消費税計算方法》

課税対象額(商品代金+送料)× 60% × 0.08 = 消費税額

関税+消費税の概算見積り

 

商品によって関税率も違うので、完全に見積り予測を立てるのは難しいですが、

概算で商品代金 × 10%で予測しておけばある程度の範囲内の額に納まってきます。

ぜひ、利益計算の参考にしてもらえればと思います!

まとめ

 

関税は普段生活する中であまり馴染みのない税金です。

ただ、輸入ビジネスで利益を取っていく為には、覚えておいて損のない知識ですので
ぜひこの機会に理解を深めてもらえると嬉しいです!

 

それでは、今回のテーマは以上になります。

 

マサ
関税と消費税の知識を深めて利益計算を正確にしていきましょう!

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたらお気軽にご連絡くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です