話題の民泊サイト!Airbnb(エアビーアンドビー)とは?

 

こんにちは、マサ(@masayuki007)です。

今回は、話題の民泊サイト!Airbnb(エアビーアンドビー)について書いていきますね。

日本ではあまり馴染みのない『民泊』ですが、現代のように交通機関や宿泊施設が整備されていない時代では、無償で知らない人にご飯をごちそうしたり、宿を提供してあげたりすることは珍しくありませんでした。

しかし時代は変わって、家=プライベートと言った考えにシフトするようになり、特に日本人はプライベートの時間を大切にしたい人が多いため、旅の途中の人を泊めてあげたりするケースは極端に減っていきました。

ただ最近では、日本へのインバウンド(訪日旅行)が急増していることもあって、『シェア』する文化が少しずつ日本でも浸透してきています。

僕自身も週末に東京に行くことが多いのですが、平日に比べると宿泊費はもちろん高く、特に都心部だとビジネスホテルでも、1泊 ¥7,000〜¥10,000ぐらいはかかってきます。

特に仕事で利用する場合、正直なところ帰ってきて寝るだけなのでこれだけの出費は痛いのが本音です…。

ただ、これからご紹介する Airbnb(エアビーアンドビー)に代表される『民泊』サイトを利用すれば、同じ ¥10,000する部屋でも 4人で『シェア』するだけで、1泊 ¥2,500で利用できる計算になります。

部屋選びも、場所や金額・ベット数などのカテゴリーで絞っていけば特に失敗することもありませんし、まずはここでアカウントを作ってみて、利用してみると新たな『体験価値』を得ることができるので、ぜひこの機会にチャレンジしてみて欲しいなと思います。

Airbnb(エアビーアンドビー)ってどんなサイト?

Airbnb(エアビーアンドビー)と読まれ、簡単に言えば『民泊』の仲介サイトになります。

2008年8月にカリフォルニア州のサンフランシスコで創業されて、現在では世界191ヵ国・65,000以上の都市で利用され、物件数は300万件以上の登録があり、これまで1億5,000万人以上が利用していると言われています。日本では「エアビー」と呼ばれるほうが世間的に認知されていますね。

エアビーの日本法人は、2014年5月に東京で設立され、日本国内で利用したゲストの 93%は海外ユーザーで、その中でもアジア人ユーザーが 54%となっており、日本人が国内で利用するというよりは、インバウンドの観光客向けの宿泊手段としての利用が多くなっているのが現状みたいです。

Airbnb(エアビーアンドビー)の名前の由来って何?

会社名には、創業者の思いが必ず入っているはずです。Airbnb(エアービーアンドビー)…。日本人にはまだまだなじみの薄いサイトです。また、初めて耳にした人からすると『民泊』サイトと連想するのは難しいはず。ここでは登録に入る前に、なぜ「Airbnb」となったのか、名前の由来について見ていきたいと思います。

① 「Air」とはどこから来てるの?

まず「Air」とは何を意味するかと言うと、そうです。空気…ではないんです。

Airbnb(エアビーアンドビー)創業者のブライアン・チェスキーとジョー・ゲビアが学生の時に部屋を共有していて、エアーベッド(Air Bed)を宿泊希望者に貸し出していたのが由来とされています。

② 「bnb」とはどこから来てるの?

次に「bnb」ですね。これは「ビーアンドビー」と読みますが、これは「Bed and Breakfast(ベッドと朝食)」という、イギリス発祥の主に英語圏の宿泊施設の頭文字を取ったものが語源になっています。また、朝食と宿泊の料金が込みになっていて、比較的低価格で利用できるのが特徴です。

③   名前の由来まとめ

「Airbnb」の名前の由来とはつまり、「エアーベッド(Air Bed)を貸し出す、簡易的な宿泊施設(B&B)」といった感じですかね。ちなみに「Airbnb」というサイト名は最初「Airbedandbreakfast.com」という名前でした。

それを、2009年3月に「Airbnb.com」短縮され、いまと同じ名前になったというわけですね。

Airbnb(エアビー)の登録方法を解説

お待たせしました!Airbnb(エアビー)のサービスを利用するには、まずは新規で『アカウント』を作成しなければなりません。ここでは、Airbnb(エアビー)が利用できるまでの設定を詳しく見ていきますので、順番に登録して行ってくださいね。

ただ、アカウント自体は無料で作れるのですが、『友達紹介』システムを利用するだけで、初回の宿泊費が ¥8,000以上の場合、今なら ¥3,500 OFFになるクーポンがもらえますので、ぜひ利用してみてください

クーポンについて
クーポンの金額はタイミングによって変動するので注意してくださいね。 

以下は、僕からの紹介リンクになりますので、ぜひこちらから登録してみてください!

アカウント登録の手順を解説

1. 上記のURLをクリックすると、下の画像が出てきますので『クーポンGETは利用登録から』をクリックしてアカウント登録をしていきましょう。

2. クリックすると以下の3つの方法(Facebook・Google・メールアドレス)から登録できますので、自分がお使いの方法を選択してください。

(※今回は『メールアドレスで登録』を選択して解説していきます。)

3. 『メールアドレスで登録』を選択すると、下記の情報を入力する画面が出てきますので「メールアドレス」「名前」「パスワード」「生年月日」を入力し、エアビーからの情報を受け取るかどうかにチェックを入れ、問題がなければ『登録』するをクリックしましょう。

4. 次に「誓約のお願い」の確認ページに移りますので、コミュニティの誓約事項やサービス利用規約を確認して問題がなければ『同意する』をクリックしましょう。

5. あともう少しです!『次へ。残り4ステップ』をクリックして次に進みましょう!

6. 「プロフィール写真」を設定していきます。Facebookのアイコンでもいいですし、自分が設定したい写真があればファイルを選んでアップロードしていきましょう。

(※あとからでも設定はできるので、飛ばして次に進んでも問題ありません。)

今回は、Facebookのアイコンをプロフィール写真に設定していきます。問題なければ『設定』をクリックしましょう。

7. 次に「電話番号」を入力していきます。国(日本:+81)です。日本で契約した携帯ならば、この番号を選択して(090・080・070〜)以下、すべての番号を入力しましょう。入力が完了したら『電話番号の承認』をクリックします。(※あとからでも設定はできるので、飛ばして次に進んでも問題ありません。)

8. 「電話番号の承認」をクリックすると、入力した電話番号宛のSMSに『4桁のコード』が送信されてくるので、確認が取れたら「××××」に入力しましょう。

9. 確認が取れたら、登録したメールアドレス宛に最終の確認メールが届いているはずです。このアドレスは、宿泊時の予約確認メールが送られてくる大切なものなので、しっかりと確認を取りましょう。

登録したメールボックスを開くと…

10. 「メールアドレスの確認」が完了すると、最後に『同期』の画面が表示されます。これに関しては、個人的にはどちらでもいいかなと思っています。同期しておくことで、他のアドレスからでもアクセスができますが、同期し過ぎると管理も大変なので、ここに関しては今回は割愛して『あとで』を選択します。

11. お疲れ様でした!これで無事に『アカウント登録』は完了となります。

次は、「プロフィールを編集」してエアビーを利用できる環境作りをしていきます。

 

プロフィールを編集して利用できる環境を作っていこう

プロフィール編集

1. まずはトップページ右上のアイコンをクリックし、『プロフィールを編集』を選択しましょう。

2. プロフィールには「必須項目」「任意項目」「出張」と分類されています。今回は「必須項目」のみを見ていきます。

必須項目
・名
・性
・性別
・生年月日
・メールアドレス
・電話番号
・言語
・通貨
・現住所(日本語で打ち込んでも英語表記に変換される)
・自己紹介(海外でも利用したい方は、英語で書いておくのも忘れずに)

すべての項目を入力し、編集が完了したら『保存する』をクリックしましょう。


3. 次は「写真」をアップしていきます。さきほどアカウント登録をした時に、設定していたら問題ありませんが、もしまだであればここで設定してしまいましょう。相手のことを考えると、「信頼性」という意味でも顔写真を設定しておくのが良いかと思います。

4. 次に「信頼&認証確認」を設定していきます。右上の『身分証明書を提示』をクリックしましょう。

ここでの「身分証明書」とは、政府公認のものになります。自撮りした顔写真の写真と、提出する身分証明書を照合して本人確認を取っていきます。少し面倒なところですが、安心・安全にサービスを利用するためにも、しっかりと確認していきましょう。確認したら『次へ』をクリックしましょう。

身分証の提出方法を聞かれています。もしもスマホアプリをダウンロードしているのであれば、それが1番早く確認できる方法ですが、まだであれば他の方法で提出していきましょう。今回は「端末から写真をアップロード」を選択しました。では『次へ』をクリックして進めていきましょう。

 

・Airbnbモバイルアプリで撮る

スマホアプリをダウンロードしているのが前提。スマホのSMS(ショートメール)にURLが貼り付けて送られてくるので、そこから内側カメラで身分証明書を撮影して提出する。

・このままWebカメラで撮る

パソコンの内臓カメラを使った方法。内側カメラの枠に、身分証明書を映して撮影して提出する。

・端末から写真をアップロード

スマホなどあらかじめ撮ってパソコン内に保存しておいた写真をアップロードする方法。

 

身分証明書の種類を選択します。ただ「免許書」はカスタマーサポートに連絡をしなければならないので「パスポート」がおすすめです。

「免許証」「パスポート」以外は、今のところ身分証明書として認められていない。

「パスポート」を選択したら、パソコンに保存した写真をアップロードして『次へ』をクリックします。長くなりましたが、これで『承認確認』は完了となります。

「免許証」でも、カスタマーサポートに直接連絡をすれば対応してくれますし、承認も降りるらしいので、もし「パスポート」をお持ちでなければトライされてみてください。

その他のアカウントとリンクさせる

Facebook・Google・LinkedIn アカウントとリンクさせる項目になります。

各種アカウントをお持ちなら、接続してリンクさせておけば信用度が増していきます。もし、アカウントをお持ちでなければこの機会に作ってしまいましょう。

フリーメールアドレスYahooメールとGmailアカウント取得手順

2016.07.11

LinkdeIn(リンクトイン)は、アメリカ発のビジネス特化型のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)になります。日本でも100万人以上が登録していますが、今回はビジネスをするわけではないので無視しておいてもいいと思います。

お疲れ様でした!かなり長くなりましたが、これで基本的な設定は完了となります。

友達をエアビーに招待してクーポンをゲットしよう!

基本的な設定に関してはすべて完了しましたが、最後に「友達紹介」システムを利用してクーポンをゲットする方法をご紹介していきます。

このシステムを利用すれば、一緒に旅行する友達はもちろん、その友達が初回の旅行が完了した時点であなたにもクーポンが入るという仕組みになっています。

友達にクーポンを送る方法を解説

まず右上のアイコンをクリックして『旅行クーポン』を選択します。

友達にクーポンを送る方法は2種類のやり方でできますので、それぞれ見ていきますね。

メールアドレスに直接送る方法

メールアドレスを指定の場所に打ち込んで『招待を送る』をクリックしましょう。送られてきたリンクからアカウントを登録すれば、無事にクーポンがもらえるといった流れになります。

リンクをコピーしてシェアする方法

次の方法は、赤枠に書かれているリンクをコピーして、あなたが直接友達に送ってあげる方法になります。全てのリンクを選択してコピーし、友達にシェアしてあげましょう。

まとめ

これでアカウントを作ることができたので、Airbnb(エアビー)を利用することができます。ぼくが旅をしていた頃は、まだまだ『民泊』が普及してなくてユースホステルやゲストハウスを利用することが多かったです。

このように『民泊』を利用することで、友達と大きなスペースをシェアしてパーティーをしたり・超ショートホームステイを体験したりなど、また違った旅の楽しみ方ができるはずですので、ぜひこれを機に『民泊』ライフを楽しんでみてくださいね。

今回ご紹介したのは、

  • Airbnb(エアビーアンドビー)ってどんなサイト?
  • Airbnb(エアビーアンドビー)の名前の由来って何?
  • Airbnb(エアビーアンドビー)の登録方法を解説
  • 友達をエアビーに招待してクーポンをゲットしよう!

について解説してきました。

長くなってしまったので今回はこれで終わりにして、エアビーのおすすめの使い方や予約手順などについては、また別の記事で書きたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

無料レポート『TRIPPORT』プレゼント

・日曜日の夕方になると吐き気がするくらい憂鬱になる…

・上司の顔色を伺いながら仕事しないといけない…

・休みの日まで会社の携帯を持たされる…

そんな会社に振り回される毎日から、1日でも早く抜け出したいと思いませんか?

僕はそんな毎日が嫌で会社から帰ってからの2時間を使って『物販ビジネス × 情報発信ビジネス』を学び、自由なライフスタイルを実現させました!

「もしかしたらこんな自分でも…」と、少しでも心が揺らいでくれたなら、

初心者がゼロから始めて安定して30万以上稼ぐ方法をまとめた無料レポート

【期間限定】でお渡していますので、軽い気持ちで受け取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です