常識を疑うことから始めてみよう

 

どうも、マサです!

今回は「常識を疑うことから始めてみよう」という

テーマでお話していきます。

 

普段生活している中で、知らず知らずのうちに枠の中で考えを制限したり、

自らを小さく縛ったりしてしまっている、そんな経験ってありませんか?

 

「みんなの前では良い人を演じないといけない」

「言いたい事あるけど、これ言ったら怒られるかな…」

「上司より先に帰るの気まずいな…」

 

などなど、挙げればキリがないですが自分で自分を制限してしまっているんですね。

 

ここでは、そんな常識を1度疑って見る事で「心のリフレッシュ」をして、

人生をもっと自由に楽しいものにするエッセンスを盛り込んでいきたいと思います。

 

それでは、さっそく内容に入っていきますね!

 

常識は非常識!?

 

僕たちが生活をしている中で「常識」と思っている事も、

実は「非常識」だった!何て事ありますよね。

 

僕は海外を放浪していた経験があるのですが、

日本の常識は海外では非常識になる何て事が山のようにありました。

 

例えば、イギリスやスペインの地下鉄やバスは定時に来ないし時間通りに出発もしません。

定時に出発した時なんか、乗客が「何で定時に出発しているんだ!」って、

怒っている光景を目にした事もあります。ww

 

日本だと定時に来るのが当たり前ですし、定時に出発するのも当たり前です。

逆に定時通りでなければ「何やってんだ!」という事になりますよね。

 

トイレだって基本的に海外は有料ですし、

日本みたいに綺麗なトイレを使えるところ何てどこの国を探しても有りません。

それは、国によって水に対する考え方が違うからなんです。

 

このように、日本で当たり前のようにやっている事が、国が違うだけで全然違う。

そんな事を考えると、僕たちが普段「常識」だと思っている事も

少し角度を変えるだけで「非常識」になりますよね。

 

こういった考え方を普段から心掛けてみれば、気持ちも少しは違ってくると思いませんか?

 

次に「働き方」について見ていきましょう!

 

「働き方」の常識を変えてみよう!

 

日本人は働きすぎ!」とよく海外の友達から言われたりします。

ただこの意味は「日本人は勤勉で真面目に働いてエライよな〜」というような、

決して良い方の意味ではありません。

 

外国人から見る日本人の働き方のアンケートがあるみたいなんですが、

 

「無意味な残業が多い」

「働き過ぎというより働き過ぎぶっている」

「日本人の働き方は世界で一番非効率」

 

などなど、けっこう言われたい放題ですよね。ww

 

ただ僕も会社勤めをしていて、まさに同じような事を常々思っています!

 

「よくわからない時間からの中身のない会議」

「定時に上がろうとすると何故か冷ややかな視線」

「有給休暇の取りにくさ」

 

など、こんな「働き方の常識」を持っていては、

日本は今後ますます世界に取り残されていくと思っています。

 

昔は新卒で入社した会社でコツコツ働いていれば、

給料も年々上がって、ボーナスもしっかり貰えて定年まで働けばまとまった退職金が出る、

そんな時代だったんです。

 

ただ今は残業代も出ない、給料もボーナスも上がらない時代です。

それなのに昔と同じような働き方をしていては、自らの首を締める結果となってしまいます。

 

だからそんな昔の時代の「働き方の常識」に囚われる事なく、

例えば、定時にきっちり上がってアフター5に自分の見識を広げる為に習い事をするとか、

僕のように「副業」に取り組んで収入の柱を複数持つ仕組みを構築するなど、

に時間を使っていくべきなんですよね。

 

また「これからの時代の働き方」として、

会社に来なくても良いという「リモートワーク」が主流となる時代がきます。

 

これまでは、朝の満員電車に揺られながらやっとの思いで会社に通っていたのが、

インターネット環境の発達と働き方の多様性によって常識が変わりつつあります。

 

このように「常識」というのは、時代や場面ごとによって変化していくものなんですよね。

 

まとめ

 

普段僕たちは、

常識=正しいこと

といった、固定概念にとらわれがちですよね。

 

ただ、これからますます激動の時代になっていく世の中で、

みんなが右向いたから、右を向くのではなくて、

時には左を向ける勇気を持てるようにしていかないとダメなんじゃないかと思います。

 

僕は「副業」で輸入ビジネスに取り組む事で、会社に依存する事がなくなった為、

今では「お金は会社から貰うもの」という常識から「お金は自ら稼ぐもの」という、

考え方にシフトする事ができました。

 

もし「常識を疑う」のが怖かったり苦手であれば、

何か少しでもお役に立てる事もあるはずですので、1度僕にご相談くださいね。

 

それでは、今回のテーマは以上になります。

マサ
常識なんて誰かが勝手に決めたこと。まずは疑う事から始めてみましょう!

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたらお気軽にご連絡くださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です