輸入ビジネスは営業に似ている?

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、輸入ビジネスは営業に似ている?

 

について、お話していきます。

 

世間にはたくさんのジャンルの仕事があります。

 

その中で輸入ビジネスは、個人でできてインターネットのみで完結できるビジネスだからこそ、

副業として取り組まれる方も増えてきているのが一因としてあると思います。

 

よく輸入ビジネスは、副業の気持ちではなく、自分が会社を経営してる気持ちで取り組んだ方が良いと言われます。

 

僕も、将来独立するに当たってお金の使い方など、メンターに習いながら経営者の気持ちで取り組んではいますが、正直ラリーマン的思考がなかなか抜けません!^^;

 

ただ、輸入ビジネスで一定の成果を出す場合、サラリーマン特に営業マンの考え方や動き方が、非常に似ていると自分自身実感しています。

 

営業と言っても、新規開拓・ルート(エリアが決まっている)や法人・個人など、さまざまですが、あらかじめ決められた予算が割り当てられて、それを達成する為に日々頑張っている事には変わりないでしょう。

(僕も、決められた予算をどうすれば達成できるか毎日考えて動いています…^^;)

 

例えば、月に5件の契約をもらう!と目標を決めたところで、相手がいる分、どうしても自分本意に仕事を進められないケースが出てきます。

 

そこで、

1日20件会社を訪問する

1週間で15件商談する

 

など、自分が動く範囲のノルマを設定してしまえば、相手は関係なくなります。

 

僕が保険会社の営業をしていた時は、だいたい100件個宅に飛び込みをして、

5件のアポイント、1件の成約といった確率でした。

 

この確率が高いか低いかは別にして、月に10件契約を取ろうと思えば単純に計算して、

1,000件飛び込みをすれば目標は達成できる事になります。

(書くのは簡単ですが、1,000件はなかなかハードでしたけどね…^^;)

 

輸入ビジネスも、まず自分が稼ぎたい目標数字を、いつまでに達成するかを設定する事から始めるのですが…

 

例えば…

6ヶ月後に、月30万稼ぎたいと目標設定した場合

1ヶ月目  0万

2ヶ月目  3万

3ヶ月目    10万

4ヶ月目    15万

5ヶ月目    20万

6ヶ月目    30万(目標達成)

 

最初に投資できる資金によりますし、あくまでもイメージですが…^^;

 

まず、1ヶ月目は利益が取れる商品をひたすらリサーチしていきます。

ここで焦って仕入れをしてしまうと、利益が取れずに「やっぱり輸入ビジネスは難しい」と辞めてしまう恐れもあるので、我慢してリサーチスキルを磨いて行きましょう。

 

月10万達成するまでの3ヶ月間で、どのくらいの確率で利益が取れる商品を見つける事ができるかが勝負です。

 

自分の中でその確率を把握できれば、輸入ビジネスで継続して利益を出し続ける事はそこまで難しくありません。

 

また気持ち的に、副業で時間が取れなくても、最低これだけの商品数をリサーチすれば大丈夫だ

と感覚的にわかっていれば、モチベーションに関係なく利益が取れるようになります

 

 

営業経験がない方も、「今日は何時間リサーチした!」など、リサーチ時間に着目するのではなく、「何件リサーチしたのか、そしてその中で何件利益が取れる商品が見つかったのか」をノートに書きながら、輸入ビジネスに取り組んでみてください!

 

すぐに結果は出ないかもしれませんが、

モチベーションが下がった時などには間違いなくこのノートがあなたの助けになってきますよ^^

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です