何かを始めるのに年齢なんて関係ない?

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、何かを始めるのに年齢なんて関係ない?

 

について、お話していきます。

 

あなたは何かを始めるのに、年齢を気にして諦めた経験はありませんか?

 

30代40代と年齢を重ねるほど、失敗した時のリスクが大きいと良く言われます。

 

 

それは、本当にそうでしょうか?

 

 

僕は、28歳になった時に仕事を辞めて、「世界一周」の旅に出ました。

 

世間一般から見れば、結婚して子供が出来てもおかしくない年齢です。

(現に、その年は結婚式に呼ばれ過ぎて、ご祝儀貧乏になりそうでした…^^;)

 

確かに、仕事も順調でしたし、このまま日本にいても楽しく過ごせていたと思います。

 

ただ、30歳までに海外をゆっくり廻ってみたいという夢と、ワーキングホリデーの制度上、

そのタイミングで行くしかなく、それを逃していたら一生後悔していたでしょう。

 

旅をしていても、確かに学生が多く、最初はもっと若い時に行くべきだったかな?

と、少し後悔する気持ちにもなりました。

 

でも、社会人を数年経験してから廻った事で、ただ楽しいだけではなく、

世界の金融の流れや情勢など、学生ではあまり見ないような視点で物事を見れた事は、

年齢を重ねたからこその感じ方だと思いますし、本当に有意義な経験になっています。

 

 

もし何かを始めるのに年齢を気にして何も行動に移さなかったら、

年齢を重ねるにつれて苦しくなるはずです。

 

「あの時やっていれば…」と頭の中でぐるぐる回り続けるかもしれません。

 

僕も、これから「独立」という大きな決断をしていきます。

 

年齢を考えれば、決して早くない年齢です。

 

でも、僕は常にやらない後悔より、やって後悔を!と心に決めています。

 

好きな事を我慢するのもストレスになる

 

カーネル

 

年齢の話でよく名前が出るのが、ご存知カーネル・サンダース。

KFC(ケンタッキーフライドチキン)の創業者ですね。

 

彼の学歴は小卒。10歳から社会人として数々の職を転々として、

30代後半、タイヤのセールスマン時代に出会った石油会社の人の縁で、

自分の将来は自分で決めよう」という思いから、ガソリンスタンドの経営者になりました。

 

たった6席だが、「サンダース・カフェ」をガソリンスタンドに併設して、

開業しサービスと味の良さも相まって、とても繁盛していたそうです。

 

でも、いい事は長くは続かず…

 

息子の死やカフェの火災でも焼失、バイパスが出来た事で交通量が減り、

大恐慌も重なりガソリン代が高騰。ついには倒産してしまいます。

 

それでも、彼は何度も何度も立ち上がり、

今も世界中の人に愛されているオリジナルのレシピを完成させます。

 

その時の年齢なんと、65歳!!

 

そしてここから彼の快進撃が始まるのです!

 

70歳近い彼は、フライドチキンのノウハウを車1台で全米中を走り回り、

レストランの厨房などで実演し、FC契約を結ぶ営業活動を開始します。

 

チキン1本にいくらというFC契約を結んでいった結果、

73歳の時には600店舗を抱える大企業になっていました!
それから亡くなる90歳までの間、経営の一線からは身を引き、

FCにオリジナルの味がしっかりと伝わっているか世界中を旅しながら、一生を終えています。

 

ウィキペディアに載っているような事をそのまま書いてしまいましたが…笑

 

彼の人生、最後はハッピーに終わっていますが、僕たちでは考えられないような失敗を繰り返しています。

 

ただ、彼はそれが好きな事だったので、失敗から立ち上がる原動力に変える事が出来たのでしょう。

 

 

そうは言っても中々、好きなこと・やりたいことだとしても、

彼みたいな精神力で向かっていくのは厳しいですよね…。

 

ただ、好きなこと・やりたいことを人生で見つけられたのなら、それは本当に幸せなことです!

 

それを、年齢・お金・環境のせいにして諦めてしまうのだけは勿体ないと思います。

 

怖いのは最初の一歩だけ?

 

まず一歩踏み出せば、二歩目は簡単になります!

二歩目を踏み出せば、三歩目はもっと簡単になります!

 

やればやるほど、最初の時より楽になっていきます!

 

 

ただ、その最初の一歩が果てしなく遠いように感じていませんか?

 

 

それは多分、未来がどうなるかわからない見えない不安からくるものです。

 

 

僕も、輸入ビジネスを始めた頃は、全てが不安でした!

 

訳もわからず商品リサーチをして、データで売れていると出ていても、

商品を仕入れる事が出来なくて、またそれが売れるまでホントに不安で…。

 

 

ただ、せっかく自分がやりたい事の第一歩として、輸入ビジネスを始めたんだから、

ちょっとは楽しもう!と、今も不安に思うことはありますが、コツコツ頑張っています。

 

あなたも、もしもやりたい事があるのなら、輸入ビジネスに限らず、

未来の不安よりも、目の前の小さなハードルをクリアしていく事に注力してみてはいかがでしょうか?

 

そうする事で年齢など気にする余裕もなく、はじめの一歩が踏み出せると僕は信じています^^

 

少し熱く語ってしまいましたが…今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、システム会社・外資系保険会社 に勤務。 28歳の時、高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に 感銘を受け世界一周する事を決意し、約1年数ヶ月で34ヶ国をバックパッカーとして旅をする。 帰国後、サラリーマンに戻るが日々仕事に追われる毎日に疑問を感じ、副業で中国輸入を開始。 3ヶ月後、副業で月に10万円稼げるようになり、 ネットビジネスの可能性を身を持って体感する。 今の時代「収入源を複数持つ」事の重要性を サラリーマンを中心に伝えるべく、 日々有益な情報を心がけて発信しています。