輸入ビジネスに使えるデビットカード

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、「輸入ビジネスに使えるデビットカード

 

について、お話していきます。

 

前回の記事 ⇒  輸入ビジネスにおすすめのクレジットカードは?

で、輸入ビジネスを始めるにはクレジットカードが必須というお話をしました。

 

しかし、クレジットカードは誰もが作れるというものではありません。

 

何らかの理由で審査が通らず作れない方や、

もしかすると、この記事を読んでくれているあなたは高校生かもしれませんよね!^^

 

では、クレジットカードを持っていなければ、ネットビジネスを始めれないの?

 

という声が聞こえてきそうですが、必ずしもそうではありません。

 

 

それは、『デビットカード』というものを使って、輸入ビジネスを展開していくのです!

 

 

あまり日本では馴染みの薄い『デビットカード』ですが、

海外ではクレジットカードよりも普及しています。

 

現に僕もオーストラリアで仕事をして、銀行口座にお金を振り込んでもらっていたのですが、

そのキャッシュカードには『デビットカード』機能が、勝手に付いていました。

(ほんと、当たり前のように子供もカードを使っていたのにはビックリしました!笑)

 

pic_card-e1402450641812

 

デビットカードって何?

 

では、実際に『デビットカード』の特徴をお話していきましょう!

 

一言で言えば、後払いが出来ないクレジットカードです。

 

クレジットカードは購入した商品代金を後払い出来るので、

もしも現金の手持ちが無かったとしても、欲しい時に欲しい物を購入することが出来ます。

 

しかし、『デビットカード』は欲しい物を購入する場合、

すぐに自分の銀行口座から決済されてしまう為、後払いで購入することが出来ません。

 

審査なしで発行できる

 

デビットカードは「後払い」のシステムがないため、「使いすぎて払えない…」という

心配がありません。単純に、自分の銀行預金がデビットカードの利用限度額になります。

 

ですので、延滞金などが発生しないため、誰でも審査なしでデビットカードは発行出来ます

 

クレジットカードとの共通点・相違点

 

クレジットカードは、申し込みをする時に指定の銀行口座を登録しますが、

デビットカードも同じように、商品を支払う為の銀行口座が必要になります。

 

・クレジットカード ⇒ 最悪引き落とし日までに銀行口座にお金があれば良い

契約 = クレジットカード会社

年齢 = 18歳以上(審査あり)

 

・デビットカード   ⇒ 商品を購入する時点で口座に現金が必要

契約 = 指定の銀行

年齢 = 15歳以上(審査なし)

 

デビットカードおすすめで最強の1枚は?

 

ジャパンネット銀行Visaデビットカード

 

index_img001_3

 

ジャパンネット銀行の口座を開設すると、キャッシュカードにVisaデビットが付いてきます。

 

年会費や発行手数料が無料

口座維持費も無料

 

キャッシュバックモールで買い物をすれば、1%のキャッシュバックが受けられます。

 

とりあえず1枚作ってみても!と思われた方は、このデビットカードでいいんじゃないかなと思います。

 

三菱東京UFJ-VISAデビット

 

pc_img_card

 

三菱東京UFJ銀行が発行しているVISAデビットカードです。

 

年会費

初年度は無料 (15歳から23歳までは無料)

2年目以降 = 1,080円(税込)

(24歳以降:前年に年間10万円以上利用していれば、2年目以降も年会費は無料)

 

毎月の利用金額の0.2%が自動でキャッシュバックされます。

 

メガバンクのデビットカードということで、メインの口座がUFJという方には、おすすめです。

 

楽天銀行デビットカード(JCB)

 

s-dbit

 

年会費無料

利用100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

 

※VISAも選択できますが、年会費1,029円かかります。

 

正直、日本国内で利用する分にはJCBで問題ないと思いますが、

海外旅行によく行く方で、現金を持ち歩くのが怖いという方なら、VISAをおすすめします。

 

ちなみに、僕がバックパッカーで旅して廻った時は、

デビットカードのVISAゴールドを作って持って行き、すごく使い勝手が良かったです。

 

これから、輸入ビジネスを始める場合、クレジットカードが使えない状況も出てくると思います。

 

そう言った時に、デビットカードを併用していく事で、資金がしっかりと回転していく流れが作れます。

 

上記でおすすめしたように、年会費がかからないデビットカードもありますので、

物は試しで1枚ぐらい持っていても損はないでしょう。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、システム会社・外資系保険会社 に勤務。 28歳の時、高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に 感銘を受け世界一周する事を決意し、約1年数ヶ月で34ヶ国をバックパッカーとして旅をする。 帰国後、サラリーマンに戻るが日々仕事に追われる毎日に疑問を感じ、副業で中国輸入を開始。 3ヶ月後、副業で月に10万円稼げるようになり、 ネットビジネスの可能性を身を持って体感する。 今の時代「収入源を複数持つ」事の重要性を サラリーマンを中心に伝えるべく、 日々有益な情報を心がけて発信しています。