輸入ビジネスにおすすめの銀行口座

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、「輸入ビジネスにおすすめの銀行口座

 

について、お話していきます。

 

これから、あなたがネットビジネスを始める中で、

売上金などを受け取る、銀行口座が必要になってきます。

 

あなたも、どこかの銀行を利用し、すでに口座をお持ちだと思いますが、

ネットビジネスを本格的に始められるなら、お金の出入りがわかりやすいように、

別で専用の口座を持っておくべきです。

 

今、日本経済は少しずつ回復しているような報道もありますが、まだまだ不況が続いています。

 

超低金利時代と言われる現在も、大手の都市銀行は全国に多くの支店があります。

 

もちろん、その中で働く人たちには給料が支払われるわけですが…

 

果たしてそれはどこから出ているのでしょうか?

 

正解は、銀行…からではなく、僕たちが預けている、

預金金利や手数料から支払われているのです。

 

それって何か、バカらしくないですか?

 

そこで、近年利用者が増えてきているのが、実店舗を持たない『ネットバンク』です。

 

ネットバンクの特徴と優位性

 

大手の都市銀行とネットバンクを比較した時、大きく分けて3つの特徴があります。

 

金利が高い

理由としては、人件費や建設費、銀行運営費のコストが低いから。

 

手数料が安い

これも人件費などで浮いたコストを振込手数料やATMの引出し手数料に還元しているから。

 

入出金が便利

振込みや入出金、取引履歴の確認など、通常だとATMまで行かないと出来ない事が、

インターネットが使える環境であれば、パソコンやスマホで簡単に操作出来てしまいます。

 

おすすめのネットバンクは?

 

でも、『ネットバンク』が良いのはわかった!

 

けど、いっぱいある中でどの銀行がいいの?と、いう疑問にお答えしていきたいと思います。

 

結論として、出品する媒体によって変わってきます。

 

例えば、Amazonで商品を販売する場合、売上金はAmazonから直接入金があります。

ですので、正直どこの銀行でも、問題はありません!笑

 

それが、ヤフオクで商品を販売する場合、購入者との直接のやり取りになりますので、

都市銀行(メガバンク)を利用する方が良いでしょう。

 

 

そこで、僕がこれまでネットビジネスを実践してきた中で、

おすすめの『ネットバンク』をこれからご紹介していきたいと思います。

 

 

①三菱東京UFJ銀行 ⇒ UFJダイレクト

言わずと知れた日本最大のメガバンク。店舗数も日本一。

 

②ゆうちょ銀行 ⇒ ゆうちょダイレクト

ヤフオクユーザー多し。ゆうちょ同士だと手数料無料。

 

ジャパンネット銀行

日本初のネットバンク。Yahoo!ウォレットの支払いに対応。

 

楽天銀行(旧イーバンク銀行)

楽天スーパーポイントが貯まりやすい。楽天の会員になってこそ価値がある。

 

口座開設の方法は?

 

ネットバンク』の口座開設は、スピーディで簡単な点が特徴です!

各銀行のホームページから申し込むだけで、申し込み手続きが完了する場合も多いです。

 

もし、上記の銀行口座を開設したい場合も、リンク先から申し込み手続きが出来ます。

 

申し込んですぐに口座が開けるわけではないので、もしも作る場合は少し余裕を持って、

申し込むようにしてくださいね!

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、システム会社・外資系保険会社 に勤務。 28歳の時、高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に 感銘を受け世界一周する事を決意し、約1年数ヶ月で34ヶ国をバックパッカーとして旅をする。 帰国後、サラリーマンに戻るが日々仕事に追われる毎日に疑問を感じ、副業で中国輸入を開始。 3ヶ月後、副業で月に10万円稼げるようになり、 ネットビジネスの可能性を身を持って体感する。 今の時代「収入源を複数持つ」事の重要性を サラリーマンを中心に伝えるべく、 日々有益な情報を心がけて発信しています。