世界を無料で繋ぐ音声通話「Skype」とは?

 

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、世界を無料で繋ぐ音声通話「Skype」とは?

 

について、お話していきます。

 

 

あなたは、Skype(スカイプ)を使ったことありますか?

 

Skypeは、簡単に言えば、無料で電話やテレビ電話ができるソフトウェアです。

 

Skype同士だと、何時間通話してても無料ですし、もちろんダウンロードするのも

無料です。

 

なぜ、無料で電話できるの?

 

という、質問もありそうですが、それはインターネット回線を利用しているからなんです!

 

無料で利用できるため、企業や地方自治体などでも幅広く使われているそうです。

 

もちろんインターネット回線なので、日本の真裏にあるブラジルとだって

コンタクト取れちゃうんです!

 

僕も、輸入ビジネスのメンターやコミュニティのメンバーと連絡を取り合っているのもSkypeですし、海外で知り合った友達と電話したり、テレビ電話を使ってみたりと、帰国してから1度も会ってない友達と、今も交流できているのは、Skypeのお陰といっても過言じゃありません。

 

音質も、無線機のような声が遠くで聞こえるような感じではなく、本当にクリアに聞こえますよ^^

 

 

では、ここでどのような機能が無料で使えるのか見ていきましょう!

 

無料で使える機能とは?

 

Skype同士の無料通話

 

もちろん無料通話できます!ただし、Skype同士でないと使えません。

 

Skype同士なら、パソコンとiPhoneでも通話できますし、ゲーム機のPSPPS Vita何かでも使えます!

 

ちなみに、なぜ家の電話は無料で使えないのかと言うと、電話の信号を変換して、

普通の電話回線を利用する必要があるからなんです。

 

スカイプ同士なら基本的にはインターネットの回線だけなのでお金がかかりません!

 

最大で25人までなら、同時通話もできるので、会議や講習などにも使えますね^^

 

テレビ電話

 

最近のパソコンには、ビデオカメラが内蔵されているものがほとんどです。

 

会社の会議もカメラがあれば、表情や雰囲気も感じ取れますし、今なら自宅にいても仕事ができる環境が整っています。

内蔵されていなくても、外付けのカメラセット(安いものだと1,000円ぐらいで買えます)を購入すれば、問題なくテレビ電話ができるようになりますよ。

 

また、テレビ電話とは少し違うのですが、自分のパソコン画面を相手の画面と共有する事で、

横でパソコンを開かなくても、一緒に作業を進める事ができる

 

そして、輸入ビジネスで言えば商品リサーチなどをメンターに見てもらう事で、

自分の問題点を瞬時に指摘してもらえるので、この画面共有機能はかなり重宝しています。

 

画面共有のやり方は、こちらの記事を参考にしてください^^

⇒ Skypeが楽しくなる3つの裏技

 

チャット

 

これは文字でのやりとりですね。Skypeは通話だけでなく、チャットもできます!

 

僕は今も約35人のコミュニティに入ってますが、全員が入ったグループで毎日情報を交換しながら、

輸入ビジネスに取り組んでいます。

 

この機能は、最大で100人の人とグループチャットが楽しめます!

 

 

Skypeは普通の電話だけじゃなく、テレビ電話・チャットもでき、通話の内容も暗号化されて

相手に送られるので、誰かに盗聴される心配もありません。

 

これ以外にもSkypeは有料サービスもありますが、無料のもので十分なので、

とりあえずアカウントだけでも作っておく事をおすすめします!

 

アカウントの作り方はこちらの記事に詳しく書いてますので、興味があれば登録してみてください^^

 

⇒ Skypeアカウント登録方法

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、システム会社・外資系保険会社 に勤務。 28歳の時、高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に 感銘を受け世界一周する事を決意し、約1年数ヶ月で34ヶ国をバックパッカーとして旅をする。 帰国後、サラリーマンに戻るが日々仕事に追われる毎日に疑問を感じ、副業で中国輸入を開始。 3ヶ月後、副業で月に10万円稼げるようになり、 ネットビジネスの可能性を身を持って体感する。 今の時代「収入源を複数持つ」事の重要性を サラリーマンを中心に伝えるべく、 日々有益な情報を心がけて発信しています。