Amazon販売管理ツール「プライスター」の使い方

 

こんにちは、マサです。

 

今回は、Amazon販売管理ツール「プライスター」の使い方

 

について、お話していきます。

 

 

Amazonで商品を販売していく中で、

売上や販売価格の管理など常にチェックができるとは限りませんよね?

 

そこで今回ご紹介する「プライスター」は、

Amazonの販売価格の自動変更や、売れた商品の利益計算を自動で行ってくれる有料ツール

になります。

 

有料ツールになりますが、30日間の無料お試し期間がありますので、

実際に利用してみて継続するかを判断できるのもおすすめのポイントですね!
 

では実際に「プライスター」の使い方について解説していきたいと思います。

 

「プライスター」登録方法

 

まず最初に「プライスター」のトップページを開き、「今すぐお試し」をクリックしましょう。

 

20161127-172610

 

日本・US・CA・UK版がありますが、ここは「日本版申し込む」クリックします。

 

20161127-173123

 

各種必要項目を入力したら、「決定」をクリックしましょう。

 

screencapture-pricetar-entry-1480328222999

 

登録が完了したら、ログイン画面からメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

 

20161128-203624

 

ログインすると、晴れて「プライスター」を利用できるようになります(^-^)

 

20161128-205030

 

「プライスター」使い方

 

では、ここからは具体的に「プライスター」の使い方を見ていきたいと思います。

 

まずトップページから「出品する」⇒「FBAで出品する」を選択しクリックしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-20-56-42

 

検索窓が出てきますので、

「商品名」「ISBN」「ASIN」「JANコード」を選択して入力し「検索」をクリックします。

※ここでは、例題として「ASINコード」で検索をかけています。

 

20161128-211053

 

この商品をFBAに追加納品しますか?」と聞かれますが、

ここでは相乗り出品をしますので「追加納品する」をクリックしましょう。

 

20161128-212008

 

次に、「FBA出品」についての詳細項目を入力していきますので、順を追って見ていきましょう。

 

コンディション説明」は商品のコンディションを入力していきます。

ここでは基本的に新品しか扱いませんので「こちらの商品は新品になります…。」でいいと思います。

 

20161128-213038

 

「仕入れ価格」…FBA手数料を引いた商品の仕入れ単価を入力しましょう

 

「出品価格」現在のカート価格が表示されています。変更がある場合は各自入力しましょう。

 

「個数」…自分が持っている在庫数を入力しましょう。

 

「赤字ストッパー」…金額を入力しておくと、価格の自動変更を使っている時にその金額以下には下がらなくなります。

 

※「プライスター」のような価格変更ツールを使用している出品者に対して、自分が安い価格で出品することによって、まわりの価格を一時的に引き下げるような手法を使う人もいるため、「赤字ストッパー」は設定しておくことを、おすすめします。

 

価格の自動変更のパターンについて

 

「プライスター」価格の自動変更は、

 

【FBA状態合わせ】【状態合わせ】【FBA最安】【最安】【カート価格】【しない】

 

6つのパターンから状態に合わせて選ぶことができます。

 

各パターンの特徴については、

下記にて詳しい解説がありましたので、こちらを参考にしてみてください!

 

【状態合わせ】→  http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=68

 

【FBA状態合わせ】→  http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=66

 

【FBA最安値】→  http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=70

 

【最安値】→  http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=72

 

【カート価格】→  http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=501

 

 

各項目を入力し終わったら、「FBAで出品する」をクリックします。

 

20161128-223640

 

これで、「プライスター」のデータ上に出品商品を反映することが出来ました。

 

FBA出品商品の確認

 

出品した商品を確認するためには、トップページから「出品したものを見る」⇒「FBAの商品を見る」を選択しクリックしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-22-41-22

 

出品した商品の一覧が確認できます。

 

20161128-231404

 

出品価格を変更したい場合は、「直接入力」するか「価格の自動変更」から選択するようにしましょう。

 

また、「仕入れ価格」を入力しておくことで、利益計算もスムーズにできます。

 

赤字ストッパー」も、直接入力することで変更が可能です。

 

このように「プライスター」を利用することで、FBA出品した商品も一括で管理できたり、仕事で忙しいなどの理由で価格の変更が出来ない場合でも、自動で更新されるため「売れる」機会損失を逃すことがなくなります

 

有料ツールのため無理にとは言いませんが、無料のお試し期間を利用してみて少しでもあなたのビジネスに役立ちそうだと感じたら、ぜひ取り入れてもらいたいと思います!

 

さらに、あなたのビジネスが加速すること間違いなしですよ^^

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です