輸入転売ビジネスで起業したマサ公式ブログ

【無料】中国輸入ビジネス攻略レポート『TRIPPORT』プレゼント中。

相乗り出品をはじめる前に最低限知っておきたい4つのポイント

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に感銘を受け、世界一周を決意。34ヶ国をバックパッカーで旅をする。帰国後【自分らしく、自由に生きる】をテーマに『中国輸入 × 情報発信』を掛け合わせたビジネスを展開。自分らしくキャリアを築くサポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

「相乗り出品って、何となくイメージは付くけど、何がよくて・何が悪いのか正直ピンとこないから、やっぱりはじめるのやめとこうかな…。」って思ってたりしていませんか?

 

どうも、まさです!

僕も中国輸入を始めた当初「よくわからんけど、ほんまに大丈夫なんか?」なんて思いながら商品を仕入れた結果、運が悪く税関で商品がストップしたことがありました。

でもこのブログを読んでくれてる人には僕と同じミスは絶対にして欲しくない!!

という事で、ここでは、僕が相乗り出品をはじめる前に「こういう事知っておきたかったなぁ」っていうポイントを4つにギュっとまとめてみたので、ぜひ始める前に一緒に確認してみてください。

 

一緒にチェックしていこう!

MASA

 

まずはじめにAmazonの出品方法をおさらいしよう!

 

Amazonで商品を出品する方法は、大きく分けてこの2つに分類されます。

Amazon出品方法
  1. マーケットプレイス出品 (相乗り出品)
  2. 新規出品

 

この2つは同じ出品という枠になりますが、ぜんぜん違う販売方法になります。

具体的に見ていきますね。

方法1)マーケットプレイス出品 (相乗り出品)

 

マーケットプレイス』での出品は、Amazonですでに登録されている商品を販売する方法を言います。

新しいものじゃなくて、前から売られている商品と同じものを出品することから乗っかる→『相乗り出品 (販売) 』という言い方をするってことだけなんです

 

写真があった方がイメージしやすいですよね…。

 

このように上の商品が利益が取れそうだと判断できたらまったく同じものを、中国サイト (タオバオ・アリババ) で探して売るだけになります。

簡単に言えば「売れている商品を真似して売っちゃえ!」って事ですね。笑

方法2)新規出品

 

次に『新規出品』。
読んで字のごとく、新しく出品ページを作成していく販売方法です。

オリジナル商品やAmazonのカタログにない商品を販売していく場合は、この新規出品に当てはまります。

ただこの新規出品、相乗り出品と比べて商品を仕入れるまで事前に市場調査などのリサーチをしないといけないので、利益を出すまでに時間がかかってしまいます。

 

まぁ。これは当たり前ですよね。
大企業も新しく商品を開発していく過程で、

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいる地域 etc…

死ぬほどリサーチします。
ギャンブルみたいに「えい!やー!」なんかで、商品を開発していくようなバカな話はないですからね。

このヒット商品を生み出す、新商品開発のプロセスを読むとすごくイメージしやすいです。

僕たちも規模は違えど、オリジナル商品を販売していく際にはしっかりとしたリサーチが必要になるため、どうしても商品を販売するまで・売れていくまで時間がかかってしまいます。

その点、マーケットプレイスでの出品 (相乗り出品) はすでにAmazon内で『売れている商品』のみを扱っていくことで、出品したその日のうちに売れてしまう事も珍しくありません。

 

だから中国輸入ビジネス初心者には、

  1. マーケットプレイス出品 (相乗り出品) で利益を取りつつ、ビジネスに慣れる
  2. 慣れてきたら新規出品 (オリジナル品など) にチャレンジする

というステップを踏んでいく事を僕はおすすめしています。

相乗り出品のメリット・デメリットを語ろう

 

Amazonに出品する2つの方法がわかったところで、ここからは相乗り出品のメリット・デメリットを見ていきます。

特にデメリットを注意してみていってください。

メリット1)めっちゃ簡単に出品作業ができる

 

相乗り出品は、すでに登録されている商品を販売していくって事でしたよね。
出品方法については、Amazon 商品出品方法を詳しく解説しているので参考にしてみてください。

この下の画像が上の時計の出品ページになります。
カタログがあるので簡単な情報 (金額・コンディション・個数など) を打ち込むだけで出品できてしまいます。

 

2.3分もあれば、出品作業ができるぐらい簡単です。

メリット2)過去データをもとに、商品リサーチができる

 

新しい商品との圧倒的な違いは、過去のデータがあるということです。これまでの販売実績を確認できるのは大きなメリットですね。

モノレートという無料ツールを使えば、ランキングや価格の推移もある程度わかるので「売れている商品が何なのか?」も一目でわかってしまいます。

他にもライバルが在庫を何個持っているかがわかる無料ツールもあるのでチェックしてみてください!

メリット3)リサーチ・仕入れ・販売までの一連の流れを早く経験できる

 

リサーチをして、商品を日本に送ってもらいAmazonの倉庫に入るまで、約10〜14日ぐらいかかります。

日本と中国の距離だけを考えると少し遅い気もしますが、中国は日本と比べて領土があるのでそこは日本の感覚で考えないほうがいいかもしれませんね。

けれど、出品してから商品が売れるまでは早いです。
やっぱりAmazon最強です!あなたにも早く体験してもらいたいですね。

僕も初めて仕入れた商品が、出品したその日に売れた時にはけっこう感動したので。

その点、新規出品はリサーチや商品ページを育てるのに時間がかかるので、どうしても一連の流れを経験するまでに時間がかかってしまいます。

だからこそ、すべてのターンを早く経験できるのでモチベーションも維持できるし、初心者は相乗り出品から始めるのがおすすめですね。

デメリット1)ライバルが増えやすい

 

もしも、利益率が80%あってライバルもいなくて、めちゃくちゃ売れている商品があったらあなたならどうしますか?

仕入れたいと思いませんか?
僕なら速攻で仕入れます!

もちろん他の人も仕入れてきますよね…
という感じでどんどんライバルが増えてくる。

さすがにこの利益率はないにしても、このように簡単にライバルが増えてしまうのがデメリットかなと思います。

ライバルが増えると、その分セラーを獲得できる確率が下がってきます。

下の商品ページでもわかるように、
みんなAmazonから購入してると思っている商品、実はカートを獲得しているセラーから購入しているケースがほとんどなんです。

 

カートについては、Amazonカートボックス獲得率を上げる方法で詳しく書いているので参考にしてみてくださいね。

デメリット2)価格競争に巻き込まれることが多い

 

相乗り出品は、誰でも気軽に商品を出品できる反面、価格競争に巻き込まれるリスクがあります。

これは上のライバルが増える事とリンクする事が多いのですが、ライバルが増えて1番最初に取る対策のひとつとして1番は『値下げ』をする事。

理由として、Amazonではカートを獲得しないと商品が売れる確率がグッと下がるからです。

 

カートを獲得するためには最安値に設定するのがいいと言われているので、

ライバル増える = 価格競争が起こる

これを覚えておくといいですね。

だからこそ、相乗り出品をする場合は、事前の商品リサーチが重要になってきます。

相乗り出品をする場合の注意ポイント

 

ここからは 、相乗り出品をするのに気を付けておくべきポイントを見ていきます。

Amazonで売られている商品全部が相乗りできるわけじゃなく、販売NGの商品もあるので注意して見ていきましょう。

ブランド品や有名なアニメキャラに注意!

 

例えば、この『Supreme (シュプリーム) のiPhoneケース
Amazonの商品ページはこちら。

 

次に、中国のアリババ。

 

まったく同じ商品に見えますよね。

しかも金額が5元!
日本円だと85円ぐらい…安っ!!

ただこのような商品、99.99%の確率でコピー品です。
このように、中国サイトには腐るほどのコピー品が売られています。

 

アニメキャラにも要注意!
例えば、みんな大好きなドラえもん。

 

中国サイトにもありました。

 

これは80元とそこまで安くないですが、ちゃんと売ってますね。

ただ、アニメキャラには商標権などの規約があるので避けておくに越した事はないです。

ブランド品やアニメキャラは、利益が取れるからと仕入れて販売した場合、アカウント停止のリスクもあるので扱わないほうがいいです。

商標権がある商品には注意!

 

ここはしっかりと商品を見て確認が必要です。

商標権がある商品を販売すると、商標を持っているセラーやAmazonから販売停止の通知が来たりします。

商標権の見分け方については、商標権には要注意!Amazonアカウントの停止リスクから自分を守る4つの方法で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

相乗り出品できるのか迷ったら?

 

最後に「この商品って相乗り出品しても大丈夫かな」と思った時の最終手段をお話します。

それは、Amazonに直接聞いちゃう!って事です。

Amazonテクニカルサポートへの問い合わせ手順

 

ここからは、Amazonテクニカルサポートへの問い合わせ手順を解説していきます。

『セラーアカウント』を持っている前提での話になるので「まだ持ってないよ!」という方は、Amazon 出品用アカウントの登録方法でアカウントを作ってから進めていってくださいね。

 

1. まず最初に、セラーセントラルの右上にある『ヘルプ』クリックします。

 

2. クリックするとヘルプページが出てくるので、下の『お問い合わせ』をクリックします。

 

3. 『商品、商品情報、ファイルアップロード』から『上記以外の出品に関する問題』をクリックしましょう。

 

4. 『件名・質問の内容・ASINまたはSKU』を打ち込んで『送信』します。

 

そうすると、数日後 (早い時は当日)にAmazonから質問に対しての返答があります。

実際の返答はこんな感じ。

 

以上が、テクニカルサポートに質問する手順になります。

もしも「これ大丈夫かな?」と思ったら、遠慮せずにAmazonにどんどん質問しちゃうのがいいですよ。

トラブルが起こる前にしっかりと対策できるし、それが1番正確ですからね。

まとめ

 

今回は、相乗り出品について書いてみました。

おさらいすると、

  1. Amazonの出品方法について
  2. 相乗り出品のメリット・デメリット
  3. 相乗り出品の注意ポイント
  4. テクニカルサポート活用手順
といった感じでした。

相乗り出品は、輸入ビジネス初心者にとって商品リサーチのスキルが身に付くなど相性がすごくいい販売方法だと思っています。

今回の内容をしっかり確認してもらって、しっかりと利益を上げていってくださいね。

 

それでは、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

わからない事があったら何でも聞いてな〜!

MASA

 

今回の記事を少しでも「いいな」と感じて頂けたら、下の「いいね!」ボタンをクリックしてもらえるとうれしいです。(^^)

さらに下のボタンから SNS で拡散してもらえると、めっちゃ喜びます!(^o^)/

 

僕が中国輸入ビジネスで実践してきたノウハウを
全部つぎ込んだレポートを無料で配布しています。

 

フリーレポート

 

90以上のコンテンツ (動画付き) の大ボリュームの
輸入ビジネスレポートになります。

副業からスタートして開始4ヶ月で18万円を稼ぐまでの
失敗例・成功例も含めてやってきた事をギュッとひとつにまとめました。

これをじっくり実践するだけでも毎月10万円は稼げるように作っています。

ダウンロード特典として『無料音声コンサル』も実施しています。

是非あなたの副業ライフにお役立てください。

『中国輸入 × 情報発信』で自分らしいライフスタイルを。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に感銘を受け、世界一周を決意。34ヶ国をバックパッカーで旅をする。帰国後【自分らしく、自由に生きる】をテーマに『中国輸入 × 情報発信』を掛け合わせたビジネスを展開。自分らしくキャリアを築くサポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

SNSでのフォローもお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 輸入転売ビジネスで起業したマサ公式ブログ|DREAM ACTION , 2018 All Rights Reserved.