『AMZScout』設定方法・使い方を解説 | Amazon商品データを一覧化【拡張機能】

Amazon ツール

こんにちは、マサです。

この記事では、Amazonの商品をリストに一覧化できる便利ツール『AMZScout』の設定・使い方について解説していきたいと思います。

数ある商品をリスト化でき、データに基づいた効率のいい商品リサーチができますので、ここで設定から使い方をマスターしていきましょう。

「AMZScout」とは?

「AMZScout」は、商品を直感ではなく実際のデータに基づいて仕入れ判断ができる優良ツールでGoogle Chromeの拡張機能になります。

手動でデータ収集をする手間も省けますし、たくさんのツールを並行して使う必要がないため作業の時短にも役立ちます。

まずは、「AMZScout」をインストールして設定をしていきましょう。

「AMZScout」設定方法

「AMZScout」は、Google Chromeの拡張機能になりますので、Google ChromeのダウンロードがまだならGoogle Chromeから先にダウンロードしておいてくださいね。

1. Chromeウェブストアから拡張機能「AMZScout」の画面を開きましょう。
「AMZScout」ダウンロードページ

2. 右上にある青色の「Chromeに追加」をクリックします。

3. 追加の確認をされますので「拡張機能を追加」をクリックしましょう。

4. 追加すると右上に「Chromeに追加済み」と表示が出ます。

これで「AMZScout」のダウンロードは完了となります。

「AMZScout」使い方

ここからは「AMZScout」をどのように使っていくのかを、実際にAmazonで確認していきましょう。今回は、中国輸入のリサーチ基準で設定している「ノーブランド 2,500円以上」というキーワードで検索をかけていきます。

検索をかけると該当の商品が一覧でズラッと出てきますので、右上の「AMZScout」アイコンをクリックしましょう。

すると、「サインインしてから続行してください」という画面が出てきます。

  • Googleで登録する
  • Facebookで登録する
  • Google Chromeで登録する

3つの内いずれかを選択してサインインしてください。サインインが終わると、このように商品のデータが一覧で出てきます。すごいですよね。

ここからはどのようにデータを見ていくかですが、これは一概に正解はありません。

各自で欲しいデータを抽出していくだけですが、今回は「ここは見ておくべき!」といったポイントに絞って、僕なりの見解で解説していきたいと思います。

オプション

まずは赤枠の「オプション」をクリックしてみてください。

クリックすると、今現在表示されているデータの項目がチェックされていますね。

ちなみに「列」は、

「ヘッダー」は、

を表しています。
ただ個人的に「ヘッダー」の項目は必要ないと思っているので、すべてチェックを外します。
※今回は、わかりやすいように「列」「ヘッダー」ともにデフォルトにしてみます。

デフォルトだと、このように表示されます。

「製品名・ブランド・価格・カテゴリー・ランク・推定売上・推定収益・評価・販売業者」のデータが出ていますね。
※「推定売上・推定収益」のデータは出ません。確かではないですが、有料版では出るのかも。 

僕の場合は、以下の項目のデータを参考にしています。

  • 最低価格
  • 純利益
  • FBA手数料
  • マージンの影響 (純利益 ÷ 価格)
  • 重量

これだけを抜き出して、データにフィルターをかけていきます。

フィルター

下の一覧から「フィルター」アイコンをクリックしましょう。

「フィルター」をクリックすると以下のように、抽出できる項目が一覧で表示されます。

ここは自分のリサーチ基準に沿ってフィルターをかけてみてください。
以下は、僕のリサーチ基準通りに数字を入れてフィルターをかけています。

 参考:中国輸入ビジネスの商品仕入れ基準

  • 価格 (¥2,500〜¥8,000)
  • 評価 (3.5以上)
  • マージンの影響 (75%以上)

価格

今回の解説では、Amazonのトップページで「ノーブランド 2,500円以上」と打ち込んで検索をかけたので、すでにフィルターはかかっていますが、この金額以上の商品を見ていくと良いと思います。上限を「¥8,000」にしているのは、値段が高すぎると中国輸入品ではない可能性が高くなるからです。

評価

評価が低すぎると、クレームや返品の対象となる可能性が高くなるからです。商品レビューもしっかりとチェックしていきましょう。最低でも「3.5以上」は欲しいですね。

マージンの影響

ここのパーセントが低いという事は、販売価格に対してFBA手数料が高いという事になります。最低でも「75%以上」に設定しておけば、中国サイトとの価格差に対して十分な利益率の取れる商品が見つかる可能性が高くなるからです。

CSVにエクスポート 

「CSVにエクスポート」アイコンをクリックすれば、抽出したデータをExcel (エクセル) に落としこむ事ができます。

ただ、画像を見てわかる通り文字化けしちゃっています。
ここは早急に改善されるのを祈るのみですね。笑

とりあえずデータは抽出できたので、自分専用の管理表を作ってデータをリスト化して、商品リサーチの効率化を図っていきましょう。

「AMZScout」(有料版)

有料版もあるようです。僕は無料版で十分だと思っていますが、もしも気に入ってお金を出してでもこのツールを使いたいと感じたら契約してみてください。
「AMZScout」

まとめ

この記事では「AMZScout」の、設定方法・使い方について解説してきました。

  • 「AMZScout」ダウンロード
  • 「AMZScout」設定方法
  • 「AMZScout」使い方

「AMZScout」は、無料でここまでデータを抽出できるのでかなり使えるツールです。

商品リサーチの最初は「質よりも量」をこなして、基準を自分の中に落とし込む事が先決ですが、こういったツールも使って質も同じように高めていけば、より効率的に利益の取れる商品が見つかるはずので、頑張ってみてくださいね。

それでは、今回はこの辺で。
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

『ライフ・シフト』を目指すメルマガ講座 (無料)

ネットビジネスをはじめて自由なライフスタイルを手に入れました。
期間限定で、僕が作った副業からはじめるスタートアップマニュアル『TRIPPORT』をメルマガに登録された方にプレゼントしています。(無料メールマガジンです)
登録後すぐにメールが届きます。もしもすぐにメールが届かない場合は、迷惑メールに入っている可能性がありますので、ボックスの確認をお願いします。

一緒に『ライフ・シフト』を実現する、第一歩を踏み出しましょう。