『モノゾン』の設定・使い方を解説 | モノレートの販売個数を数値化する【Chrome】

Amazon ツール

こんにちは。マサです。

この記事では、「モノゾン」の設定・使い方について解説していきます。商品リサーチをする際によく使う「モノレート」との相性がいいツールですので、ぜひ一緒に設定から順番にやっていきましょう。

「モノゾン」とは?

「モノゾン」とは、モノレートの販売個数を数値化できる便利なツールになります。

「モノゾン」をインストールする事で、商品リサーチの際に確認するランキング変動の上げ下げを「1回、2回…」と数える必要がなくなるため、かなりの時間短縮が実現できます。
参考:『モノレート』の見方・使い方を初心者向けに解説【拡張機能】

「モノレート」のランキング見方

ここで少し「モノレート」のグラフの見方を見ていきたいと思います。
今回は、この商品を例にして解説していきます。

商品ページを少し下にスクロールして10桁の「ASINコード」をコピー (今回:B00GW4ZRJM)し、モノレートの検索窓に貼り付けて「グラフを見る」をクリックします。

この一連の作業を短縮したい場合は、無料ツールを導入しておきましょう。
参考:『モノサーチ』の設定方法・使い方を解説 | リサーチ効率が劇的にアップ【拡張機能】
参考:『SmaSurf』の設定・使い方を解説 | リサーチ効率を上げる【拡張機能】

下の図のように「ASINコード」で検索をかけると、同じ商品が「モノレート」でも出てきましたね。

下にスクロールしていくと、以下のデータが見れます。

  • 最安値
  • 出品者数
  • ランキング
  • モノレートユーザー

今回は「ランキング」変動のグラフのみを見ていきます。

まず、左側にあるグラフ (期間) を「1ヶ月」に設定しましょう。これは、単純にグラフが見やすいからです。

設定すると、このように1ヶ月分の「ランキング変動」のデータが見れます。

「モノレート」の場合、グラフの見方として、下に振れれば上位に上がったと見てとれます。ランキングが上位に上がるということは、商品が売れた可能性が高いということです。

ということは、ランキング変動が起こった数をカウントすれば「その期間に売れた個数がわかる」ことになります。ただ、このように「1個、2個…」と数えていくのですが、グラフだけ見ても正直わかりにくいですよね。

そういった問題を解決してくれるのが、今回ご紹介する「モノゾン」というツールになります。

「モノゾン」インストール方法

「モノゾン」がどういったツールなのか少し理解できたと思います。

「モノゾン」は、Google Chromeの拡張機能になりますので、Google ChromeのダウンロードがまだならGoogle Chromeから先にインストールしておいてくださいね。

1. Chromeウェブストアから、拡張機能「モノゾン」の画面を開きましょう。
「モノゾン」インストールページ

2. 右上にある青色の「Chromeに追加」をクリックします。

3. 追加の確認をされますので「拡張機能を追加」をクリックしましょう。

4. 追加すると右上に「Chromeに追加済み」と表示が出ます。

これで「モノゾン」のインストールは完了となります。

「モノゾン」使い方

インストールが完了したら、実際に「モノゾン」で表示されるものを確認して使い方を見ていきましょう。

上の商品を例に「モノレート」を見てみます。すると、赤枠で囲っている先ほどまでなかった表が出ているのが見て取れるかと思います。これが「モノゾン」の拡張機能です。

  • 過去1ヶ月目販売数
  • 過去2ヶ月目販売数
  • 過去3ヶ月目販売数
  • 平均月間販売数
  • 3ヶ月合計販売数

この赤枠で囲っているのが「過去1ヶ月目販売数」ですね。数字で出ているため、上のランキング変動を「1個、2個…」と数える必要もなく瞬時に販売個数が把握できますね。

今回は販売価格の基準を考慮していませんが、1ヶ月で28個売れているので、個人的には合格かなと思います。ちなみに僕は、2週間で10個売れていれば (この商品は14個) 仕入れ候補に入れるようにしています。

「モノゾンPRO」(有料版)

「モノゾン」には有料版があります。月額¥979で利用できます。

  1. 自動利益計算
  2. カート価格一発表示
  3. 独自フィルター
  4. 平均販売価格算出
  5. 高騰チェッカー
  6. 最高販売値
  7. 最終販売値

このような機能が、プラスされています。

「モノゾンPRO」は、直近の最安値・最高値などの相場と照らし合わせて

  • 今の値段が割高・割安になっていないか?
  • この商品は過去いくらの値段で販売実績があるのか?

といった調査が可能な、モノゾンのハイスペック版になります。

個人的に中国輸入ビジネスよりは、どちらかと言うと「国内転売」に向いているツールかなと思います。

まとめ

今回は「モノゾン」の設定方法・使い方を解説してきました。

  • 「モノゾン」とは?
  • 「モノレート」のランキング見方
  • 「モノゾン」インストール方法
  • 「モノゾン」使い方
  • 「モノゾンPRO」の紹介

「モノゾン」で表示されている販売個数は、実際にAmazonで売れている個数ではなく、あくまでも「モノレートのランキング変動を数値化したもの」に過ぎません。「予想」の数字です。

実際に商品仕入れを行う際は、あくまでも予想の数として計算し、いきなり20個・30個と仕入れるのではなく「テスト仕入れ ⇒ テスト販売」をして、検証してから本仕入れをするようにしてくださいね。

それでは、今回はこの辺で。

わからない事がありましたら「CONTACT」フォームよりご質問ください。
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

『ライフ・シフト』を目指すメルマガ講座 (無料)

ネットビジネスをはじめて自由なライフスタイルを手に入れました。
期間限定で、僕が作った副業からはじめるスタートアップマニュアル『TRIPPORT』をメルマガに登録された方にプレゼントしています。(無料メールマガジンです)

登録後すぐにメールが届きます。もしもすぐにメールが届かない場合は、迷惑メールに入っている可能性がありますので、ボックスの確認をお願いします。

一緒に『ライフ・シフト』を実現する、第一歩を踏み出しましょう。