【最新版】Amazon出品許可の申請が必要なカテゴリーについて

Amazon

こんにちは、マサです。

Amazonでは、出品する際に「許可が必要なカテゴリー」というものが存在します。許可が下りなければAmazon内ですでに出品されている商品でも販売する事ができません。

そこで今回は、出品許可が必要なカテゴリーとその申請方法について見ていきたいと思います。

出品許可が必要なカテゴリー (2018.10)

2018.10月現在、出品許可が必要なカテゴリーは

  • Amazon限定商品の出品
  • イタリア製品
  • ストリーミングメディアプレイヤー

となっています。

2018.4月までは

  • ジュエリー
  • 時計

も必要でしたが、現在は申請不要となりました。

出品許可の申請は、大口出品者にしかできない事になっています。小口出品者は申請 (販売)   すらもできないので注意しておきましょう。

現在、中国輸入ビジネスで扱う商品ジャンルでは、カテゴリー申請をする必要がないモノばかりです。ただ、申請許可が必要なカテゴリーは常に見直されているので、こちらから定期的にチェックするしておくようにしましょう。
参考:出品許可が必要な商品とガイドライン

ちなみに出品許可の申請をした後は、このようにAmazonから自動返信メールが届きます。

審査結果は、だいたい24時間以内にAmazonテクニカルサポートから返答があります。

このようなメッセージが届いたら、無事に出品の許可が下りた事になります。

まとめ

今回は、Amazonで出品許可が必要なカテゴリーについて解説してきました。

以前までは、中国輸入ビジネスで扱う商品も申請が必要なものも多かったですが、現在は申請が不要なカテゴリーも増え、Amazonですでに販売されている商品であれば特に申請の必要もなく販売ができるようになっています。

申請が不要ということは、手間が省ける分だけライバルが増えやすくもなりますので、しっかりとリサーチをして商品の選別をするようにしていってくださいね。

それでは、今回はこの辺で。

記事の内容でわからない事がありましたら「CONTACT」フォームよりご質問ください。
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

『ライフ・シフト』を目指すメルマガ講座 (無料)

ネットビジネスをはじめて自由なライフスタイルを手に入れました。
期間限定で、僕が作った副業からはじめるスタートアップマニュアル『TRIPPORT』をメルマガに登録された方にプレゼントしています。(無料メールマガジンです)

登録後すぐにメールが届きます。もしもすぐにメールが届かない場合は、迷惑メールに入っている可能性がありますので、ボックスの確認をお願いします。

一緒に『ライフ・シフト』を実現する、第一歩を踏み出しましょう。