輸入転売ビジネスで起業したマサ公式ブログ

【無料】物販オンラインサロン『SWITCH(スイッチ)』先行案内受付中!

中国輸入ビジネスの始め方!初心者でも売り上げを上げていくための3ステップを徹底解説!

2018/02/02
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に感銘を受け、世界一周を決意。34ヶ国をバックパッカーで旅をする。帰国後【自分らしく、自由に生きる】をテーマに『中国輸入 × 情報発信』を掛け合わせたビジネスを展開。自分らしくキャリアを築くサポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、マサ(@masayuki007)です。

中国輸入って、ちょっと興味あるけど何だか怖いよな…と思ったことはありませんか?

ここでは、本業・副業に関係なくビジネス初心者の方でも、無理なく安心して取り組んでいけるように「中国輸入ビジネスの始め方」 を順番に解説していこうと思います。

せっかく中国輸入ビジネスに興味を持ったのに「やり方がわからない!」と、挫折しちゃうのはもったいない。

だって、たったの3つの事をするだけで、売り上げを上げていくことができるからなんです。

その3つの事を伝える前に、まずは始めるのに何を準備しておけばいいのかを確認していきましょう!

まずは何を準備すればいいの?

中国輸入ビジネスも「ネットビジネス」と言われるジャンルに分類されます。

超簡単に言うと、「インターネット環境があって、パソコン1台で完結できるビジネスシステム」これが、今大人気のネットビジネスになります。

では、まずはこれから「中国輸入ビジネス」を始めて行く前の準備をしていきます。

もしかすると、中国輸入ビジネスを始めるのは「まだまだ不安だよ!」といった気持ちがあるかもしれません。

もし図星なら、ここから先を見ても不安な気持ちは晴れないと思いますので、

まずは「中国輸入ビジネスとは?まずはこの7つだけ理解しよう!」を読んでもらって、少しでも不安を取り除いてから先に進んで行ってください!

それでは、少し脱線しましたが準備していくものを順番に見ていきましょう。

準備1)パソコン

まず、これがないと始まりませんよね!

今の時代スマホの急激な進化により、パソコンがなくても仕事が出来たりします。

でも、中国輸入ビジネスでは「どういったモノを仕入れようか?」と、画像を開いたりするケースが多いので、まだまだパソコンは必要になります。

よく「ネットビジネスを始めるなら新しいパソコンを新調しないといけませんか?」と質問を受ける事がありますが、今持っているものが使えるなら無理に新しく購入する必要はありません。

ただ、パソコンの性能が極端に悪いとか、データがいっぱいでめちゃくちゃ重いとかなら、この機会に買い換えるのも良いかもしれませんね!

今なら、エイサーやLenovoだと5万円以下で標準装備してるものが買えちゃいますので、ネットビジネスにおすすめのパソコンの選び方をチェックしてみてください。

準備2)インターネット環境

バカにしてんのか!と言われそうですが、あえて必要ですと言わせてください!笑

この環境があるからこそ、ネットビジネスと言われるビジネスモデルが成り立ちます。

本当に、僕たちは良い時代に生まれました!

いつでも、どこでもこのインターネット環境さえあれば、ビジネスができてしまいますからね。

ただ僕が海外を旅していた中で、キューバという国はネットビジネスには不向きかなと思います。

だってインターネットを利用するには、高級ホテルに行かなければならなくて、1時間で800円ぐらいかかりましたからね…。

あと、中国輸入ビジネスは商品ページをたくさん見るので、出来る限り最適なインターネット環境を整えて取り組むようにしてみてください。

準備3)銀行口座

中国輸入ビジネスを副業でスタートするなら「専用口座」を作る事をおすすめします。

給料やアルバイト代などと同じように管理してしまうと、商品仕入れ・経費・売上げ入金など、どれが中国輸入からの入金で、利益額がいくらかなど管理が難しくなってしまいます。

専用口座を持つことで「お金の流れ」を把握する事ができ、管理もしやすくなるので輸入ビジネスにおすすめの銀行口座を参考に選んでみてくださいね。

準備4)クレジットカード(デビットカード)

中国輸入ビジネスで扱う商品は、ほぼ全てクレジットカードで支払いをします。

いきなり10万・20万と大きな金額でなくて、最初は商品を仕入れる不安があるので対処法として、3万円ぐらいから数点をテストで仕入れてみるイメージになります。

そして、ある程度流れも把握できて経験を積み、利益が取れる商品を自力で見つけれるようになったら、テスト仕入れの売り上げ状況を見ながら、数を仕入れていくといった感じで進めていきます。

クレジットカードは10枚も20枚も作る必要はないですが、利用限度額なども考慮して最低でも2枚ぐらいは持っておいた方がいいです。

じゃあ、「どんなカードを選べばいいの?」と言うと、締め日の異なるクレジットカード(15日・末日締めなど)これをひとつの判断材料にするのが良いです。

また、輸入ビジネスにおすすめのクレジットカードにも、僕が実際に利用しているカードをご紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

あと、もしも何らかの事情でクレジットカードが作れない場合は、デビットカードを利用するのもおすすめです。

輸入ビジネスにおすすめのデビットカードで詳しくお話していますが、デビットカードと言うのは、クレジットカードと1番大きな違いとして「銀行口座残高の範囲内でのみ利用出来るカード」なので、銀行口座の管理が簡単というメリットがあります。

15歳以上であれば基本的に誰でも作れるので、クレジットカードを持っている方でも1枚ぐらいは作っておくといいですよ。

準備5)PayPalアカウントの作成

PayPalいうのは、日本ではあまり浸透していないかもしれませんが、「電子決済サービス」になります。 

  あとでご説明しますが、中国からの商品仕入れや価格交渉は僕たちが直接するのではなくて、「代行業者」に依頼をして行っていきます。

ただ、代行業者を信頼してお願いをするのですが、

  • 商品不良のリスク
  • 商品が100%届くか保証のないリスク

と言ったことが、心配になりますよね。

だからこそ、僕たち買い手と代行業者の間に「PayPal」という電子決済サービスを仲介することで、商品などのトラブルを回避していくという事をやっていきます。

この話を聞くまで「PayPal」の存在なんか知らなかった方も多いと思います。

ただ、中国輸入ビジネスを始めるためには必須のサービスですので、まずはPayPalアカウントの登録方法を読んでもらって、アカウントを作ってしまってください。

あと、電話対応がすごく丁寧なので、アカウントを作ったら1度でいいのでカスタマーサービスに電話してみてください!

日本人ではなく東南アジア系の方が対応してくれますが、仕事の速さ・気遣いなど、相手の立場に立ったギブの精神を学べること間違いなしです。

準備6)メールアドレス

メールアドレスは、「PayPalの支払い通知」「Amazonの売り上げ通知」「代行業者とのやり取り」などに使うために必要になってきます。

このネット社会ですから、メールアドレスのひとつは持っている方も多いと思いますが、出来れば中国輸入ビジネス専用のアドレスを準備していくのをおすすめします。

Googleだとひとつのアカウントで複数のメールアドレスを取得できますので、Yahooアドレスも含めて取得方法を参考に作っておいてください。

中国輸入ビジネスの始め方を解説

中国輸入ビジネスを始めるための準備が整ったところで、ここでは商品リサーチ・仕入れ・販売に至るまで、中国輸入ビジネスで利益を上げていく流れを見ていきたいと思います。

ただ、利益を上げていくためにやる事と言えば、下の3つを繰り返していくだけになります。

  1. 商品リサーチ
  2. 商品仕入れ
  3. 販売

はい。これだけです!ちょっと拍子抜けしちゃいましたか?

では、順を追って説明していきますね!

① 商品リサーチ

商品リサーチと言っても、リサーチ方法はたくさんあります。

その中で、副業で始められて簡単に中国商品を見つけるリサーチ方法として、Amazonの検索窓にノーブランドとキーワードを打ち込んで検索をかける方法があります。

 
検索の結果、たくさんの中国輸入品がヒットするので、その商品と同じモノをタオバオアリババAliExpressといった中国のオンラインサイトから探し、利益が取れそうであれば商品を仕入れるという流れになります。

 

Amazonで中国商品リサーチをする方法はこちらを参考にしてみてね。

商品画像を使って中国商品をリサーチする方法はこちらを参考にしてみてね。

中国サイトでAmazonと同じ商品をリサーチする方法はこちらを参考にしてみてね。

 

また、FBA (フルフィルメント by Amazon) というAmazon独自の配送サービスを利用し、代行業者からAmazonの倉庫に直接納品してもらうことで、梱包や配送作業といった手間を省くことができます。

このサービスは、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスを請け負ってくれるため、Amazon倉庫に商品を納品してから、お客様の手元に届くまでを自動化できるので、このサービスを利用しない手はないですよね!

このFBA(フルフィルメント by Amazon)のサービスは有料になりますが、ビジネスとして本格的に取り組むなら、絶対に必須のサービスですので利用登録方法納品手続きを参考にしてみてくださいね。

② 商品仕入れ

Amazonと中国サイトを比べて価格差のある商品を見つけることができたら、次はその中国サイトから商品を仕入れて日本に輸入してきます。

ただ、ここでひとつ問題になるのが、中国サイトから商品を仕入れる場合、

Alipay(アリペイ/支付宝)と呼ばれるオンライン決済を利用するのが一般的で、利用するには会員登録と同時に中国の銀行口座が必要になります。

でも、中国の銀行口座なんていらないし、作りたくなんかありませんよね…。笑

そんな時に、僕たちを助けてくれるヒーローが代行業者と呼ばれる方々なんです!

代行業者が僕たちの代わりに、商品の仕入れや価格交渉までを請け負ってくれるので、安心して中国からでも商品を仕入れる事ができます。

他にも、商品を仕入れてから日本への配送業務も代行業者にお願いできるので、自分で手続きをしなくていいのもうれしいですよね。

  • 中国国内の商品仕入れ・価格交渉
  • 日本への商品配送

この2点だけでも代行業者を利用するメリットは十分感じてもらえると思いますが、他にも代行業者を利用するメリットを上げてますので参考にしてみてください。

③ 販売

中国から代行業者にお願いして、無事に日本に輸入されたら、自宅に商品を届けてもらうのではなく、Amazon倉庫に入庫してもらいます。

無事にAmazon倉庫に入庫されたら、商品の出品作業をしていきます。

その前にAmazonで商品を販売する場合、普通のアカウントとは別に出品用アカウントを作らないといけないので、出品用アカウントの登録方法を参考にして作っておいてください。

出品作業も、慣れてきたら外注化して行く方がいいのですが、最初は自分でやった方がAmazonの仕組みを理解するのも早いと思いますので、簡単な作業だからこそ丁寧にやっていきましょう。

ここまでくれば、あとは商品が売れるのを待つだけです!

そして、商品が無事売れても僕たちが行う作業は特になく、FBA (フルフィルメント by Amazon) の宅配サービスを利用して、すべてAmazonに委託することになります。

あとは、自分の銀行口座に入金 (Amazonの場合、2週間に1度の入金) されるのを待つだけです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

中国輸入ビジネスと聞くとハードルが高いように感じるかもしれませんが、

  1. 商品リサーチ
  2. 商品仕入れ
  3. 販売

 この3つのステップだけと考えれば、簡単に始めれそうじゃありませんか?

 

僕も最初、中国から商品を仕入れるというだけでも怖かったですし、Amazonで商品をたくさん見ても売れそうなモノが見つからなかったりしましたが、「中国輸入ビジネス」をシンプルに考えれば安く買って高く売るというビジネスモデル。たったこれだけの事なんです。

売れている商品のリサーチ方法も、写真や動画を使って詳しく解説していますので、ぜひ2つ目の収入の柱として「中国輸入ビジネス」に取り組んでみてください。

 そして少しでも収入の幅を広げる事で、人生の選択肢は間違いなく増えますので、いきなり「中国輸入で食っていく!」と考えずにまずは一歩。

一歩、踏み出す事から始めてみてくださいね! 

それでは、今回は以上になります。

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたらお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいね!

それでは最後までお読み頂きありがとうございます。

無料レポート

僕が中国輸入ビジネスで実践してきたノウハウを
全部つぎ込んだレポートを無料で配布しています。

 

90以上のコンテンツ (動画付き) の大ボリュームです。

副業からスタートして開始4ヶ月で18万円を稼ぐまでの、

失敗例・成功例も含めてやってきた事をギュッとひとつにまとめました。

これをじっくり実践するだけでも毎月10万円は稼げるように作っています。

ダウンロード特典として『無料音声コンサル』も実施しています。

是非あなたの副業ライフにお役立てください。

『中国輸入 × 情報発信』で自分らしいライフスタイルを。

 

フリーレポート

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に感銘を受け、世界一周を決意。34ヶ国をバックパッカーで旅をする。帰国後【自分らしく、自由に生きる】をテーマに『中国輸入 × 情報発信』を掛け合わせたビジネスを展開。自分らしくキャリアを築くサポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です