輸入転売ビジネスで起業したマサ公式ブログ

【無料】中国輸入ビジネス攻略レポート『TRIPPORT』プレゼント中。

海外旅行に便利な持ち物リスト20選|これを持って旅に出よう!

 
  2018/01/16
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に感銘を受け、世界一周を決意。34ヶ国をバックパッカーで旅をする。帰国後【自分らしく、自由に生きる】をテーマに『中国輸入 × 情報発信』を掛け合わせたビジネスを展開。自分らしくキャリアを築くサポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、マサ(@masayuki007)です。

海外旅行と言っても、パックツアーから長期旅行まで幅広い意味で使われていますよね。

ただ、パックツアーのようにあらかじめ期間が決まっている旅行と違って、バックパッカーのような期限を定めない長期旅行となると、ある程度の状況にも対応できるように、しっかりと準備をしておかないといけません。

そこで今回は、バックパッカーの経験を踏まえた上で、「これは絶対に必要!」「これ持って行っておけば良かった!」と思った、20個を厳選して紹介します。

LCC(ロー・コスト・キャリア)の普及で、海外により安く・安全に行くことができるようになってきましたが、長期間住み慣れた日本を離れての生活に最初は戸惑うはずです。

だからこそ、しっかりとした準備をすることで旅がもっともっと楽しくなるので、ぜひ参考に万全の準備で旅立ってくださいね!

海外旅行に便利な持ち物リスト20選

1)パスポートケース・コピー

パスポートは旅をする中で1番大切なものです。

そして、1番狙われやすい個人情報がパスポートなので、常に身に付けておいてください。特に空港など、パスポートの出し入れが激しい時に狙われやすいので、体に付けれるようなパスポートケースを用意しておくといいですよ。

最近だとパスポートにICチップが内蔵されていて、そこからデータを盗まれる危険もあるので、スキミングを防止するものも合わせて用意しておくといいですね。

あと、もしもパスポートが盗難にあった最悪のケースも考えて、パスポートを数枚コピーして持っておくと安心です。

2) 国際免許書

汚い写真をお見せしてすみません↑↑

海外でレンタカーやバイクを借りる場合に必要になってくるのが、国際免許書になります。

有効期限は1年間で、費用は都市によって違いますが、2,000円〜3,000円の間で見積もっておけば大丈夫です。

身分証の代わりにもなるので、免許書を持っているなら、レンタルしなくても取っておくのをオススメします。

気になる方はこちらを参考にしてみてください!

国際免許を取ろう!

3) 電源プラグと変圧器

電源プラグアダプターは海外に行くときには絶対に必要です。

まずは、プラグの形状と電圧を確認しましょう。海外を回ると、各国の電圧の違いに戸惑う事が多いと思います。

日本は世界で1番電圧が低い100V(ボルト)なのに対し、海外では110240Vに設定されています。もしも、日本仕様の電化製品を海外で使うと大変危険です。

だからこそ、他の電圧に対応出来るように変圧器は必須のアイテムになります。

ちなみになぜ日本だけ100Vなのかと言うと、大正時代に普及した電球が100Vで、それにすべての電化製品を統一したから!という歴史があるそうです。

変圧器に関して、海外にはあんまり良いモノが売ってないし捜すのも大変なので、少し値は張りますが、予備で1.2台は準備しておくのをオススメします!

4) 国際キャッシュカード

国が変わると通貨も変わります。ただ、空港などで両替するとレートが高かったり、現金を大量に携帯していると盗難の怖れも出てきます。

そこで海外のATMで、現地の通貨と両替できるように国際キャッシュカードを作っておきましょう。

僕は新生銀行楽天銀行にお金を分けて管理していました。

理由は、最悪どちらかが盗まれたり使えなくなった時でも分散しておけば、どちらかで対処できるからです。

5) デビッドカード

クレジットカードも、保険の付帯サービスなども付いているので、もちろん持っておいた方がいいのですが、デビッドカードは即座に口座から引き落としがされるので、お金の管理がしやすいです。

逆にクレジットカードは支払いまでに猶予がある分、いざという時以外は管理がめんどうなので、身分証明で持っておくぐらいのイメージの方が良いと思います

6)除菌用スプレー

< 写真出典:Amazon >

日本だとお店にトイレもありますし、お店は清潔にしているのが、常識ですよね。

ただ、海外は屋台やお店でも虫か飛んでいることも珍しくないですし、水自体もお世辞にもキレイとは言えません。

そこで、簡単に除菌できるようにスプレータイプのものを携帯しておくと、簡単に除菌消毒できるので便利ですよ。

7)ポカリの粉末

これは病気になった時に非常に便利です。海外にももちろんスポーツドリンクは売ってるんですが、何と言っても糖分量が多いんです!笑

基本的に日本人のために作られているわけじゃないですが、何でも過剰摂取は良くありませんよね。

それに、意外とスポーツドリンクの粉は売られていないので、水に薄めてすぐに飲める手軽さを考えると、長期旅行には絶対に持ってくべきアイテムです。

僕に至っては、スペインのトマト祭りに参加した際に、目からバイ菌が入ってしまい熱が出て身動きが取れない時に、このポカリの粉があったおかげで何とか生き延びる事ができたという経験があります。

だからこそ、長期旅行には強くオススメします。

8)日本の(インスタント)レトルト食品

やっぱり長期間日本を離れると、誰でも日本食が恋しくなりますよね。

今の時代、各種メーカーから多種多様なものが出ているので、本当に自分が大好きなもので、日持ちが良いものを選んで持って行くのがいいですね。

ただ、「せっかく海外に行くのに日本食なんて!」って思われる方は「外人に日本食を紹介する!」という目的で、味噌汁やお餅なんかを持っていくと喜ばれると思いますよ!

9)圧縮袋

長期旅行の場合、バックパックやキャリーバックに最低限の荷物だけしか詰め込むことしか出来ません。

そこで、この圧縮袋を使って服や下着などを小分けにしておくと、かさばる事もなくバックの隙間を有効的に使えます。

毎日使っているとすぐに破れてしまうので、100均などで大量に買って持っておくといいですよ。

10)洗濯ヒモ

< 写真出典:Amazon >

バックパックでの旅行の場合、ひとり部屋よりも、ドミトリーなどの大部屋に泊まるケースが多くなります。

そんな時に困るのが、「洗濯ものをどこに干すのか?」なんですが、そんな時に便利なものが洗濯ヒモなんです!

ベッドの取っ手にグルグルと巻き付ければ、簡易の物干し竿の完成です!旅人の知恵ってすごいですよね。これも100均でも買えるので、ひとつは持っておくと便利ですよ。

11) トイレットペーパー

日本では当たり前のように無料で利用できるトイレですが、海外ではほとんどが有料です。

トイレットペーパーも有料なので何ロールか持っておくのがいいですよ。最悪近くにトイレがない場合でも、紙があれば何とかなりますからね。

僕はインドのガンジス川で沐浴したあと、案の定お腹がピーピーになり、ネパールでのトレッキング中はトイレットペーパーにかなりお世話になったという経験があります。笑

12)バリカン

初めてのバリカン体験楽しそう!!笑 ↑↑

人間生きているうちは、誰しも髪の毛は伸びてきます。だからと言って、毎回髪を切りに行くのは長期旅行中はもったいない。

でも、「髪を束ねるのは何かイヤだな。」そんな時にあると便利なのがバリカンです!長さも調整できるし、最悪サイドを刈っておくだけでも、スッキリしますからね。

ゲームの罰ゲームに坊主!なんて事も、長期旅行だからこそできる、おふざけかもしれませんね!笑

13)スイミングタオル

バックパックには容量があります。大きなバスタオルだと邪魔だし、タオルなんか何枚も持って行けない。そういった時に重宝するのが、スイミングタオルです!

小さいし、吸収力もバツグンなので1枚持っておくと便利ですよ。

14)レインコート(ポンチョ)

こんなの着てたらすぐに破れるし、臭くなっちゃいます!↑↑

長期間海外を回っていると、急に天気が悪くなったり、雨季の時期にぶつかってしまう事も出てきます。

そのような場合に備えて、レインコート(ポンチョ)は準備しておきましょう。100均にも売っていますがすぐに破れることが多いし、カバンに入れているとけっこう臭いキツくなります。

だからこそ、ここはしっかりとしたものを準備するのがいいですよ。

15)防寒具

これは必需品ですよね。ただ、ダウンジャケットなどの防寒具は、かさばりやすくバックの容量を考えた時に、大きなダウンは正直言って邪魔になります。

そこで僕がオススメしたいのが、ユニクロの『ウルトラライトダウン』です。薄くて軽くて、しかも暖かい。それに、収納バッグに入れておけば、ちょっとした枕代わりにもなります。

これは本当に持って行って正解だったので自信を持ってオススメできます!

16)サングラス

日本でサングラスをかけていると、「こいつなんでサングラスかけてるの?」と、変な目で見られることが多いですよね。

だからと言って、海外旅行に持って行かないのは危険です!オシャレというよりも、直射日光から目を守るんだという目的で必要です。

オーストラリアなど日本と比べて紫外線の量が多い国がたくさんあるので、正直サングラスをかけないと目に負担を与えてしまいます。

安いものでいいので、ひとつは絶対に持って行くようにしましょう。

あと海外あるあるですが、偽物のレイバンがどこの国でも売ってるので、最悪そこで買ってもいいと思います!笑

17)爪切り、綿棒

生きてるだけで、爪は伸びますからね。それに何かを切りたい時にも使えるので。

綿棒は、砂漠地帯に入ったり、小さな虫が入って病気になるケースもあるので、定期的にメンテナンスするのがいいですよ。

僕なんて汚い話トマト祭りのトマトが、1ヶ月くらい後に耳から出てきた時の衝撃は、今でも鮮明に覚えていますからね!笑

18)スポーツサンダル

< 写真出典:Amazon KEEN [キーン] >

ビーチサンダルだとソールも薄く、毎日履いているとすぐに壊れてしまいます。「壊れたら買えばいい!」という考えもありですけど、僕はクロックスやスポーツサンダルを持っていくのをオススメします。

海や川に入る機会も多いでしょうし、日本にいたら想像も付かないような道をクソ暑い中歩いたり、何が落ちているか何て正直わかりませんからね。

だからこそ、ビーチサンダルではなくて、少し値が張ってでも耐久性と機動性に優れたスポーツサンダルなど、しっかりしたものを準備しておくのをオススメします。

なぜなら、僕はスポーツサンダルをケチって、ビーチサンダルで行きオーストラリアの暑さで1週間も経たない内に、新しいのに買い換えた経験があるからです。笑

19)ドル紙幣(1ドル札)

海外を回ってみて、やっぱりドルは最強だなと感じました。

どの国でもドルは両替できるし、何かトラブルがあってもドルで解決できるケースもあります。これマジです!

また、海外のトイレは基本的に有料ですが現地通貨を持っていない場合でも、ドルを出せば入れてくれますので、1ドル札を現金で何枚か持っておくといいですよ。

20)ノート(日記帳)

デジタルが発達している現在において、ノートや日記帳のようなアナログのもは時代に逆光してると言われることもあります。

長期旅行にあるものは、それは『時間』です。

仕事に追われる事もなく、世間の目を気にしなくても良い旅の中では、再度自分というものを振り返る良い機会です。

そして、それを実行する1番オススメの方法が『手で書く』という事です。

スマホのアプリやメモに残すのも良いんですが、ノートや日記帳に自分の手で書くと、日本に帰国してから読み返してみた時に、文字が波打ってるのを見たりすると、その当時の情景が蘇ってきたりします。

だからこそ、旅とともにいつまでも思い出を記憶に残せるノートを1冊カバン忍ばせておくのをオススメします。

番外編

これまで僕が旅をしてきた経験から、「これ持って行って良かったな!」と思ったものを、20個厳選してご紹介してきました。

ここからは番外編として、「次に旅に行くならこれ持って行きたいな!」と思うものを最後に3つご紹介して終わりたいと思います。

1)日本がわかる動画

これは海外のクリエーターが作ったものですが、これは参考になります!かっこいい!↑↑

これは、1年を通して世界を旅されている高城剛さん(沢尻エリカの元旦那と言った方がわかるかな笑)がお話してたことなんですが、

「もしも日本の事を伝えたく、言葉でどうしても伝えられないなら、日本の日常・風景・文化を動画に撮ってデジタル化してパソコンや iPad に入れて持っておけばいいんですよ!」とおっしゃていました。

世界を旅してみて、日本に興味を持っている方は僕が想像してた以上多かったです。

言葉で伝えるよりも視覚や聴覚に訴えるようなものを、今の時代は持ち運べるのでそれを活用しない手はないですよね。

2)折り紙

デジタルの次は、日本に古くから伝わる『折り紙』です。

海外を旅してる日本人で、たまに持って来ている人もいますが、やっぱり日本の文化に触れるという意味でも外人には興味を持ってもらえます。

英語が苦手でも、鶴の折り方を教えてあげて一緒に折れば、相手にすれば一生の思い出になるはずですこういったコミュニケーションツールは大切にしたいですね。

3)オリジナル名刺

これはすごく意外かもしれません。

名刺=仕事で使うものという先入観があるかもしれませんが、僕が旅で出会った友達の中にも自分のオリジナルの名刺を作って出会った人に配っていたのを見て、デジタルだけじゃなくて、アナログの名刺もひとつのコンテンツとしていいなと感じました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

海外での長期旅行は楽しいだけでなく、時には厳しい環境に身を置かなければならない場合もあります。

ただ、そういった状況を完全に防ぐことは難しいですが、いくつものパターンを想定して準備しておけば未然に防げることもたくさんあります。

旅は怖いことよりも楽しい事の方が圧倒的に多いです!今回ご紹介したものも参考にしてもらって、世界を思う存分楽しんでもらえたらなと思います!

もし旅のことで疑問や不明なことなどありましたら、お問い合わせフォームよりいつでもご連絡くださいね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

無料レポート『TRIPPORT』プレゼント

・日曜日の夕方になると吐き気がするくらい憂鬱になる

・上司の顔色を伺いながら仕事しないといけない

・休みの日まで会社の携帯を持たされる

そんな会社に振り回される毎日から、1日でも早く抜け出したいと思いませんか?

僕はそんな毎日が嫌で会社から帰ってからの2時間を使って『物販ビジネス × 情報発信ビジネス』を学び、自由なライフスタイルを実現させました!

「もしかしたらこんな自分でも」と、少しでも心が揺らいでくれたなら、

初心者がゼロから始めて安定して30万以上稼ぐ方法をまとめた無料レポート

【期間限定】でお渡していますので、軽い気持ちで受け取ってみてください。

 

☆輸入ビジネス攻略レポート『TRIPPORT』無料プレゼント☆

 

初心者がゼロから学ぶ輸入ビジネスの攻略版。

画像や動画を盛り込んで作っています。

7つのステップに分けて解説しています。

もし疑問点や不明点があれば、

何でもご相談くださいね!

フリーレポート

この記事を書いている人 - WRITER -
高橋歩 著「WORLD JOURNEY」に感銘を受け、世界一周を決意。34ヶ国をバックパッカーで旅をする。帰国後【自分らしく、自由に生きる】をテーマに『中国輸入 × 情報発信』を掛け合わせたビジネスを展開。自分らしくキャリアを築くサポートもしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です